Advanced Care Dental Office 東京顕微鏡歯科 kanaのブログ

Advanced Care Dental Office東京マイクロ顕微鏡歯科専門のkanaのブログ

東京マイクロスコープ顕微鏡歯科治療イリタニオフィス
予約専用回線03-5638-7438 地図はここをクリック

乳歯の嚙み合わせ

6~8か月で乳歯が生え始め、1歳前後で乳歯4本が生えますが、まだ乳臼歯が生えていないため嚙み合せは不安定です。よく「歯並びが受け口のようで心配です」との訴えで受診される親がいますが、この時期では心配ありません。

またもし遺伝子的な要因による受け口(反対咬合)だとしても、1歳前後では

何の処置も行えませんので、あまり心配しないでください。そして乳歯がすべて生えそろう2歳半以降になると、嚙み合わせは安定してきます。

 

乳歯列期の歯ならびと嚙み合わせ(咬合)は、おもにどうのように決まるかというと、上顎と下顎の大きさ、それに口の機能に関連した筋肉のちからとバランスによるのです。

嚙み合わせを狂わせるものとしては、遺伝子的要因と環境要因があります。

 

遺伝子的要因とは、両親あるいは祖父母からの嚙み合わせを受け継いでしまっている場合です。これは骨格性不正咬合と呼ばれ、上顎あるいは下顎の骨が大きすぎたり、小さすぎたりすることにより、出っ歯になったり、受け口になったりします。

 

もう一つは摂食、嚥下運動にともなう舌筋のちから、口のまわりの筋肉(口輪筋、頬筋)のバランス、それに指しゃぶりや頬づえのような悪習癖などの環境要因が大きく関与します。代表的な不正咬合は、指しゃぶりによる奥歯で噛んでいても上と下が開いてしまう開口、頬づえによる奥歯の嚙み合わせが反対になる後方交叉咬合などがあります。

 

この環境要因による不正咬合は、早い時期でしたら悪習癖を止めるだけであるいは筋訓練だけで治ります。また遺伝子性の不正咬合も早期に対応することで、治せたりひどくならないように抑制できますので、専門医に相談してください。

 

機能的で審美的に健康な乳歯の歯並びは、健康な永久歯列を作るうえで必須です。乳歯をう蝕にしたり、抜歯をしたままに放置すると必ずといっていいほど永久歯列で不正になっていますので「乳歯はどうせ抜け替わるから」と安易に考えないでください。

👶乳歯の歯並びと噛み合わせ(咬合)

 

 

🔹乳歯の歯並び

 

 

 

 一般に乳歯の大きさ、特に横幅は幼児期の歯ぐき全体の大きさに比べて小さいこと

から、噛み合わせは別としまして、歯並びに不正は出にくいのです。

 永久歯でよく見かける乱ぐい(叢生)、またひどいものとしては、八重歯がありま

すが、乳歯列で八重歯を見たことはありません。

 むしろ将来大きな永久歯を受け入れなければならないので、乳歯の大きさに対する

より歯ぐきの方が大きいため、乳歯と乳歯の間に隙間が見られます。これを「発育空

隙」と言います。

 そして上顎(上顎)では乳側切歯と乳犬歯と第一乳臼歯の間に隙間が見えます。こ

れは人間だけでなく猿などの霊長類すべてに認められる事から「霊長空隙」と言いま

す。これらの空隙は異常ではありませんので生理的歯間空隙と呼ばれています。

 しかし永久歯列でこのような空隙があれば異常で、治療を要するか否かは別にして

不正咬合に分類されます。

 乳歯列では、これらの隙間が永久歯を正常な歯並びを作るのに必要なわけです。一

方、乳歯列では霊長空隙が認められることから、原始的な特徴を備えた変化しにくい

歯並びと言えます。

 これら生理的な空隙がある歯並びを「空隙歯列弓」と言い、小児の90%以上がこの

空隙歯列弓ですが、なかには隙間の全くない歯並び(閉鎖歯列弓)の子供もいます。

このような子供は将来永久歯列になった時、叢生や八重歯になることが多いので注意

し、定期的に専門医でチェックしてもらい、最適なときに歯を誘導(咬合誘導)して

もらって美しく機能的な永久歯の歯並びにしましょう。 

👶乳前歯・乳臼歯の役割 

👶乳前歯・乳臼歯の役割 

 

 

 

🔹乳臼歯の役割

 

 1歳までに離乳が完了し、ペースト状のものから徐々に歯ごたえのあるものに移行

する頃に第一乳臼歯が生え、なんでも食べるようになる頃に第二乳臼歯が生え、それ

らの食形態に対応できるようになっているのです。

 乳臼歯mp歯ぐきから出ているところ(歯冠)の形は永久歯の奥歯とよく似てお

り、また根もしっかりとし、2〜3根と複数あり、噛む力(咬合力)に十分耐える形態

を備えています。

 幼児の口の中の大きさは、成人と比較するといちじるしく小さいが、なんでも食べ

られる咀嚼能力が要求されるため、乳臼歯の下にあり、乳臼歯と入れ替わる永久歯の

小臼歯より噛む部分が大きいのが特徴です。このように、乳臼歯は食物を噛み砕き、

噛みつぶす事が第一の役目です。

 幼児期からの小児期は日々成長、発達しており、十分で適切な栄養を必要とされま

す。しかしむし歯で歯をぬくようになると咀嚼はいちじるしく減少します。そのため

重症う蝕児は低体重で、免疫力の低下した子供になることが、研究から明らかになっ

ております。また十分な咀嚼力がないため軟食となり、口腔機能の発達に悪い影響を

及ぼします。

 第二の役目は、後継永久歯の保護です。

 乳臼歯の根は複数で、分岐した根の広がりは永久歯の大臼歯の根の広がりと比較し

て大きいのです。その大きな根の広がりの下に、おのおのの永久歯(後継永久歯)が

成長しています。この永久歯が丈夫で立派な形に育つには、健康な環境が必要なので

す。乳歯がう蝕になったり、歯根の先が病気になると、エナメル質や象牙質の形成が

不完全な永久歯が生えてきます。

 

 

 

👶乳前歯・乳臼歯の役割

👶乳前歯・乳臼歯の役割

 

 

🔹乳前歯の役割

 

  乳歯とは、後継永久歯と生え変わる歯であり、生え変わる永久歯を「代生歯」と

 も言います。したがって6歳頃に生える第一大臼歯、12歳頃に生える第二大臼歯、

 「親 知らず」とも呼ばれる第三大臼歯は代生歯ではありませんので、同じ永久歯と

 いっても2種類あるわけです。

f:id:tokyo-microscope:20200303222653j:plain

  乳幼児期の口の中の大きさと成人の口の中の大きさを比較すると、乳幼児の口の

 大きさは1/3ほどでかなり小さいのです。その小さな顎に永久歯は生えきれませ

 ん。しかし1歳以降からは、母乳あるいは人口乳の栄養摂取では足りず、固形食に

 よる栄養量を必要とします。そこで、小さ顎にフィットする可愛らしい乳前歯が必

 要となるわけです。

  乳前歯は永久歯の役割とまったく同じで捕食する、噛み切ることがおもな役割で

 すが、そのほかに発音、咀嚼機能の発達に重要な役割を演じています。一方、乳前

 歯は永久歯と異なるところは大きさだけでなく、歯の根(歯根)の形態にありま

 す。乳前歯の根は、永久歯が成長するようにスペースを作るように曲がっていま

 す。

 将来大きな口にフィットする永久歯の歯冠全部と歯根の一部ができるまで、永久歯

 を守りながら機能しているのです。

 

👶乳前歯・乳臼歯の役割

👶乳前歯・乳臼歯の役割

 

 

 

 🔷乳前歯の役割

 

   乳歯とは、後継永久歯と生え変わる永久歯を「代正歯」とも言います。したがっ

  て6歳頃に生える第一大臼歯、12歳頃に生える第二大臼歯、「親知らず」とも呼ば

  れる第三大臼歯は代生歯ではありませんので、同じ永久歯といっても2種類あるわ

  けです。

f:id:tokyo-microscope:20200303222228j:plain

   乳幼児期の口の中の大きさと成人の口の中の大きさを比較すると、乳幼児の口の

  大きさは1/3ほどでかなり小さいのです。その小さな顎に大きな永久歯は生えきれ

  ません。しかし1歳以降からは、母乳あるいは人工乳の栄養摂取では足りず、固形

  食による栄養量を必要とします。そこで、小さな顎にフィットする可愛らしい乳前

  歯が必要となるわけです。

   乳前歯は永久前歯の役割とまったく同じで、捕食する、噛み切ることがおもな役

  割ですが、その他に発音、咀嚼機能の発達に重要な役割を演じています。一方、乳

  前歯は永久前歯と異なるところは大きさだけでなく、歯の根(歯根)の形態にあり

  ます。乳前歯の根は、永久前歯が成長するようにスペースを作るように曲がってい

  ます。将来大きな口にフィットする永久歯の歯冠全部と歯根の一部ができるまで、

  永久前歯を守りながら機能しているのです。

   

 

 

✲幼児期の口の中の状態

 

 

✲乳歯が生え始めてから生えそろうまで

 

 

 真珠のような可愛らしい歯が、乳幼児の口の中に見える親は非常に感激します。そ

れは赤ちゃんから幼児に成長したことを意味します。

 乳歯で最初に生えるのは下顎(下あご)の2本の前歯で乳中切歯といい、およそ生

後6~8か月頃です。そして最後の上顎の奥歯である第二乳臼歯がおおよそ2歳5~6か月生えに、全部で20本そろって乳歯の噛み合わせは完了します。

f:id:tokyo-microscope:20200303223204j:plain

 乳歯の生える状態は栄養、体格などに影響されるのか興味がありますが、約60年前

に乳歯の萌出状態を研究した報告と、最近、日本のすべての歯科大学の小児歯科学講

座で行った研究と比較しますと、ほとんど変化はありませんでした。

 このように、栄養状態やからだの大きさとはあまり関係がありません。一方、歯の

生える時期ですが、新生児に歯が萌出してしまう先天歯のような異常は別にして、個

人差があるので2~3か月早く生えても遅く生えても心配はいりません。しかしそれよ

り早く生えた場合や、1年以上たっても生えてこないようでしたら、その原因を調べ

るために歯科医院あるいは歯科大学への受診をおすすめします。ときとして内分泌の

異常を認めることがあり、早期発見の糸口になることがあります。

 下顎の乳中切歯の次に上顎の乳中切歯2本が10か月前後に生え、前歯に4本の切歯が

見えます。1歳前後になると上下顎にさらに2本ずつの切歯が見られ、8本の切歯が生

え、「かみかみ」ができるようになります。切歯は噛み切るのに適した形をしてお

り、歯の先は平らな刃のようになってします。

 1歳4~5か月頃になると上下の4前歯から少し離れたところに奥歯(第一乳臼歯)が

生えてきます。

  この歯は食物を噛み砕くのに適した臼状をしており、この歯が生えそろうと、あ

ご(顎)を上下だけでなく左右に動かし、物を食べる運動であり咀嚼運動ができあが

りつつあります。それまで歯ぐきで噛んでいたのが、歯で噛めるようになります。

 1歳6~7か月になると、4前歯と第一乳臼歯の間の空隙に先の尖った乳犬歯が生えて

きます。乳犬歯が生えたことにより、さらに噛み切る能力が高まります。

 そして2歳3~5か月頃の上下顎に第二乳臼歯という大きな乳歯の奥歯が生え、乳よ

りは全部生えそろって乳歯列が完成したといいます。この時期になるとまだ未熟さは

ありますが、咀嚼運動は巧みになります。3歳前に乳歯列は完了し、6歳頃まで大きな

変化はなく成長していくので、この時期を乳歯列の安定期とも呼びます

 この間にむし歯(齲蝕)や外傷などを受けず、健康状態ので乳歯が機能している

と、6歳臼歯と呼ばれる第一大臼歯とい大きな永久歯の奥歯が、第二臼歯の後ろの正

しい場所に生えてきます。

 しかし最近、顎が小さくなったのかまだ十分解明されていませんが、下顎の第一大

臼歯に先立って下顎の乳中切歯の舌側、あるいは乳中切歯が抜けたところに永久中切

歯が生えてくることが多くなり、最近の研究では、半数を超える割合で下顎第一大臼

歯より下顎中切歯が早く生えております。

 

👶《親の生活時間見直し》

 

🔹親の生活時間見直し

 

 

f:id:tokyo-microscope:20200303223550j:plain

 

 都会では親の夜型生活を反映して、就寝時間の遅い子が増えています。親に合わせ

て夜の11時、12時まで起きている子も珍しくありません。親の都合に合わせたこのよ

うな生活が乳幼児の生体リズムに適しているとは考えられませんし、夕食から就寝ま

での時間が長いと就寝前の飲食習慣がつきやすくなります。また、寝るときぐずるの

で哺乳生活がやめられないケースもみられます。両親で十分検討して、生活時間を見

直す必要があるでしょう。

 

 

 

 

 

🔹間食への配慮

 

 

 

 この時期になると、3色に加えて間食をとり始める子も多くなります。間食は栄養

の補給だけでなく楽しみの要素も必要ですが、甘味物にかたよらないように注意すべ

きです。甘味は本来人間に好まれやすい味であり、嗜好性もつきやすいものなので、

子どもの好むままに甘味嗜好をエスカレートさせないようにしましょう。甘味嗜好が

強くなると、他の味の受け入れが悪くなり、偏食の原因にもなりやすいと言われてい

ます。

 さまざまな食品を経験しながら、咀嚼をはじめとした口の機能も発達していく時期

ですので、虫歯予防の面ばかりでなく食事や間食に配慮が必要です。

 

👶《母乳もそろそろ卒業》

 

🔹母乳もそろそろ卒業

 

 

 コップから水分が摂れるようになれば、哺乳瓶の必要もなくなりますし、口の機能

も吸うことから咀嚼することにと発達してきているので、母乳もそろそろ卒業です。3回の食事と睡眠、運動(遊び)などを含めた生活リズムを作っていく時期ですの

で、間食や甘味飲料の摂りすぎや就寝前の飲食が習慣にならないように気をつけたい

ものです。

f:id:tokyo-microscope:20200303224039j:plain

 風邪をひいたり熱が出た時に、小児科ですすめられてイオン飲料やスポーツ飲料を

飲み始め、普段でも水がわりに飲んでいる子を見受けます。これらの飲料にも糖分が

かなり含まれているため、頻回飲んでいたり、特にこの時期になっても哺乳瓶で飲ん

でいると、虫歯ができやすくなります。ジュースや乳酸飲料、炭酸飲料などには注意

を払っていても、イオン飲料やスポーツ飲料はからだによいというイメージで飲ませ

がちなので気をつけたいものです。

👶《寝かせみがき》

 

🔹寝かせみがき

 

 

 親がみがいてあげる時の基本姿勢は、親が横ずわりかあぐらをかくようにすわり、ひ

ざの中に子どもの頭を入れて安定させます。この姿勢なら、子どもの頭部の安定がはか

れるばかりでなく、口の中も見やすく、歯ブラシを持たないほうの手で唇や頬をよけて

みがけるため、歯ブラシの毛先が歯に’きちんと当たっているか確かめられ、歯肉や唇に

毛先が強く当たるのを防げます。

f:id:tokyo-microscope:20191218141039p:plain

 歯ブラシはヘッドが小さめで、毛先も短めのものを選び、鉛筆を持つように、または

指先を使って把持して、毛先を歯の表面にきちんと当てられたら軽い力で細かく動かし

てみがきます。親が気負いすぎて肩に力が入ってしまうと、歯ブラシにもつい力が入り

すぎて強い力で磨くことになり、毛先が歯肉に当たって痛かったりすると子どもが歯み

がきを嫌がる原因となることがあります。軽い力で手早く磨くことがポイントです。

 

第17回 首都圏滅菌管理研究会について ②

【特別講演】


1.「台湾大学病院における医療機器管理の方針」
       Policy of medical equipment management in Taiwan National University Hospital.
      Ming-Tsan Lin 先生(国立台湾大学病院 外科教授)

2.「台湾大学病院における手術器械・器材のマネジメント」
      Management of surgical instruments and medical devices- Sharing the experience of National            Taiwan University Hospital.
    Hui-Ling Lin 先生(国立台湾大学病院 看護部長)

3.「台湾大学病院手術部、材料管理部の運営」
      Sharing of the practical operation of the operating room and center supply department of   National Taiwan University Hospital.
     Fang Wang 先生(国立台湾大学病院 看護師長)

 

【教育講演1】

 「手術器械管理の”今” ~トレーサビリティって何?~」
     久保田 英雄 先生(東京医科歯科大学 医学部附属病院 材料部 副部長)

 

【教育講演2】

 「耳鼻科・歯科器材の中央処理」
     金澤 悦子 先生(東北大学病院 材料部)

【ディスカッション】

 

 

 

 第1部では、伊藤謝恩 ホールにて国立台湾大学病院 外科教授 Lin先生、看護部長 Lin先

生、看護師長Wang先生の特別講演、東 京医科歯科大学 久保田先生、東北大学 金澤先

生の教育講演がありました。
 金澤先生のご講演では、歯科機材についての消毒・滅菌・感染対策および安全対策に

ついて、大変貴重な時間を頂戴しました。


 私たちの滅菌業務について、ひとつひとつの作業はとても細かいため、注意しながら

行います。ですが、見落としや誤った知識などと常に隣り合わせです。患者様に安全で

安心な機材を提供できるよう、私たちが今できることとして、知識や作業の質を高め今

後の業務に努めてまいります。またこれらは、感染対策にもつながる大事な役割になり

ます。

 

 


 第2部は場所を移して上野恩賜公園水上音楽堂にて、「どんと来い中材!~日本中に正

しい再生処理を広め よう~」がおこなわれました。引き続いての 全員懇親会では、各研

究会からの出し物も充実しており、記憶に残る一夜になりました。なんとこちらの出し

物では、当院戸田さんも素敵な装いで美声を披露する一幕もございました✨


 また、研究会会長の深抦先生がこの度教授に就任されました。

 誠におめでとうございます。


 先生のさらなるご活躍を心よりお祈り申しあげます!

 

 

 

 

     「どんと来い中材!~日本中に正しい再生処理を広め よう~」

 

f:id:tokyo-microscope:20191211134609j:plain

 『第2部の一コマ』

 

f:id:tokyo-microscope:20191211134543j:plain

 『オペラ座の怪人』

 戸田さんの美声✨

第17回 首都圏滅菌管理研究会について ①

11月23日(土)

第17回首都圏滅菌管理研究会に参加させていただきました。

 

f:id:tokyo-microscope:20191127100934j:plain

f:id:tokyo-microscope:20191127100102j:plain

 

「”令和”新時代の滅菌管理」をメインテーマとし、国立台湾大学病院 外科教授 Lin先生、看護部長 Lin先生、看護師長 Wang先生による英語での特別講演もございました。

 

f:id:tokyo-microscope:20191127100118j:plain

 

大変グローバルな機会をいただき、このような研究会に参加させていただきましたことを感謝いたします。

 

f:id:tokyo-microscope:20191127100246j:plain

 

あいにくの雨模様でしたが、休憩時間には、会場である東京大学の構内を少しお散歩させていただきました。

 

f:id:tokyo-microscope:20191127100259j:plain

 

↑あれ?笑

 

f:id:tokyo-microscope:20191127100432j:plain

 

哀愁。(↑誰でしょう?)

 

f:id:tokyo-microscope:20191127100517j:plain

 

銀杏も色づきを始め、落ち葉の絨毯の中散策いたしました。

 

昼食は、学食をいただきまして(画像撮り忘れました)、学生以外の方も多くお食事を

されていたように思いました。

 

f:id:tokyo-microscope:20191127100613j:plain

f:id:tokyo-microscope:20191127100834j:plain

 

食後も、古き良き建造物を楽しみました😊

 

f:id:tokyo-microscope:20191127101045j:plain

 

午後も貴重なご講演を拝聴いたしました。

 

 

 

…公演内容については、また次回ご報告させていただきます。

 

 

 

 

 

 

👶《歯みがきを嫌がる》

 

🔹歯みがきをいやがる

 

 

 嫌がって騒ぐ場合は、何が原因かを考えてみることも必要です。寝たり押さえられ

たりするのが嫌なのか、口の中に何か入れられるのに違和感があって嫌なのか、ゴシ

ゴシみがきすぎて痛いから嫌なのか、原因によって対応も変わってきます。みがくき

の姿勢やみがきかたを工夫してみたり、どうしても歯ブラシ自体に抵抗の大きい子な

ら、指やガーゼから慣らす段階にもどしてみるなどの対応が考えられます。食生活面

で気をつけていれば、すぐ虫歯ができる時期ではありません。また、多少嫌がっても

みがかせた場合には、みがき終わったあとでよくできたという気持ちをこめて十分褒

めてあげましょう。

 

f:id:tokyo-microscope:20200303224315j:plain

 

 

🔹歯ブラシに興味を持ち始めたら

 

 

 歯ブラシに興味を持ち始めると、自分で歯ブラシをくわえてみがこうとする子も出

てきます。歯みがきへの意欲を育てる面では重要ですので、まず自分できのすむまで

みがかせて、その後で親がみがいてあげましょう。ただし、歯ブラシを口にくわえた

まま立ったり、歩き出したりすると、まだころびやすい時期なので歯ブラシで口の中

にケガをすることがあり、危険です。歩き出そうとしたら、歯ブラシを離させた方が無難です。

 歯みがきに関しては、親を主体としての習慣づけの時期ですので、歯の汚れを徹底

 

に取り除こうというより、食べ物や食べ方に気をつけて、歯の汚れやその中の細菌を

増やさないことのほうが重要とも言えます。

 

👶乳臼歯の生えはじめ(生後1年から1年半頃まで)

🔹乳歯の生えはじめ

 1歳を過ぎて離乳も完了期に入ったころには、乳歯の前歯も生えそろい、奥歯が生え

はじめます。奥歯は溝のある臼状の歯なので臼歯と呼ばれますが、最初に生えてくるの

奥歯は第一乳臼歯といい、通常は乳犬歯をとばした位置に生えてきます。第一乳犬歯が

生えてくると、噛む面の溝の部分に食べカスや歯垢(プラーク)がたまりやすくなり、

歯ブラシを使った掃除が必要になってきます。

  また、口腔細菌の中でも虫歯の原因と考えられているミュータンス菌などは、乳臼

歯が生えてくると口の中に定着しやすくなると言われています。食べられる物の種類も

増え、菓子類を食べ始めたり、甘味飲料などを飲み始める子も多い時期です。1日1回は

きちんと歯を磨く習慣をつけましょう。

 

f:id:tokyo-microscope:20191127035840p:plain

🔹歯みがきタイム

 ただし、まだ長時間口を開けておとなしくみがかせてくれる年齢でもなく、自分でや

ろうとしても歯ブラシを口に入れて遊んでいる程度でしょう。この時期には、親や兄姉

がみがくところなどを見せながら、自分だけがやられるものではなく、みんながやるも

のだという雰囲気づくりをして、1日1回は歯みがきの時間を設定して日常生活の中での

習慣化をはかっていきます。

 また、歯の本数も少ないので、要領さえ覚えれば歯みがきも短時間ですみますし、寝

る前だと機嫌が悪くなりやすい子では、夕食後の余裕のとれる時間帯を歯みがきタイム

にすると良いでしょう。

 

 

👶乳前歯の生えはじめ 夜間の授乳

🔹夜間の授乳

 

  離乳は始まっても、離乳食だけではまだ十分な栄養を摂取できないため、母乳やミ

 ルクを補う必要が有りますが、夜間の授乳や授乳しながら寝かしつける習慣はそろそ

 ろやめたいものです。

f:id:tokyo-microscope:20191127035539p:plain

  眠っている間は唾液の分泌量が減少するため、上の前歯が生えた後も夜間の哺乳習

 慣が続いていると、唇と前歯の間や舌と前歯の間に母乳やミルクがたまったまま一晩

 中過ごすことになります。これが毎晩繰り返されると、徐々に歯の表面が脱灰されて

 虫歯ができやすくなります。夜間の授乳は10〜12ヶ月頃までに、そして母乳や哺乳瓶

 も離乳の完了頃を目安に卒業させてたいものです。

  また、食生活の基本的なリズムを形作っていくこの時期には、昼夜のリズムを安定

 させることが大切であり、そのためには親の生活パターンを見直す必要出てくること

 も有ります。

 

👶乳前歯の生えはじめ 歯みがきに慣れる大切な時期

🔹歯みがきに慣れる大切な時期

 

  寝る前だと機嫌が悪くなる’場合は、夕食後の機嫌の良さそうなときを見計らって、

 手早くみがいてあげます。きちんとみがくことにより歯磨きに慣れることのほうが大

 切な時期なので、ゴシゴシと強くみがくのは禁物です。特に、上の前歯の歯肉は敏感

 な部分なので、ここを歯ブラシで強くみがくのは禁物です。特に、上の歯の歯肉は敏

 感な部分なので、ここを強くみがかれると嫌がる子が多い様です。

f:id:tokyo-microscope:20191127035139p:plain

  このように乳前歯が生えてくる0歳代後半は歯磨きの導入の時期とも言えますが、

 口や歯の健康を守るためには、この時期の食習慣についても配慮が必要です。

 

東京マイクロスコープ顕微鏡歯科治療
イリタニオフィス
東京都墨田区江東橋4-26-9 錦糸町NKビル9階
予約専用回線 03-5638-7438地図はここをクリック