Advanced Care Dental Office 東京顕微鏡歯科 kanaのブログ

Advanced Care Dental Office東京マイクロ顕微鏡歯科専門のkanaのブログ

東京マイクロスコープ顕微鏡歯科治療イリタニオフィス
予約専用回線03-5638-7438 地図はここをクリック

👶乳臼歯の生えはじめ(生後1年から1年半頃まで)

🔹乳歯の生えはじめ

 1歳を過ぎて離乳も完了期に入ったころには、乳歯の前歯も生えそろい、奥歯が生え

はじめます。奥歯は溝のある臼状の歯なので臼歯と呼ばれますが、最初に生えてくるの

奥歯は第一乳臼歯といい、通常は乳犬歯をとばした位置に生えてきます。第一乳犬歯が

生えてくると、噛む面の溝の部分に食べカスや歯垢(プラーク)がたまりやすくなり、

歯ブラシを使った掃除が必要になってきます。

  また、口腔細菌の中でも虫歯の原因と考えられているミュータンス菌などは、乳臼

歯が生えてくると口の中に定着しやすくなると言われています。食べられる物の種類も

増え、菓子類を食べ始めたり、甘味飲料などを飲み始める子も多い時期です。1日1回は

きちんと歯を磨く習慣をつけましょう。

 

f:id:tokyo-microscope:20191127035840p:plain

🔹歯みがきタイム

 ただし、まだ長時間口を開けておとなしくみがかせてくれる年齢でもなく、自分でや

ろうとしても歯ブラシを口に入れて遊んでいる程度でしょう。この時期には、親や兄姉

がみがくところなどを見せながら、自分だけがやられるものではなく、みんながやるも

のだという雰囲気づくりをして、1日1回は歯みがきの時間を設定して日常生活の中での

習慣化をはかっていきます。

 また、歯の本数も少ないので、要領さえ覚えれば歯みがきも短時間ですみますし、寝

る前だと機嫌が悪くなりやすい子では、夕食後の余裕のとれる時間帯を歯みがきタイム

にすると良いでしょう。

 

 

東京マイクロスコープ顕微鏡歯科治療
イリタニオフィス
東京都墨田区江東橋4-26-9 錦糸町NKビル9階
予約専用回線 03-5638-7438地図はここをクリック