Advanced Care Dental Office 東京顕微鏡歯科 kanaのブログ

Advanced Care Dental Office東京マイクロ顕微鏡歯科専門のkanaのブログ

東京マイクロスコープ顕微鏡歯科治療イリタニオフィス
予約専用回線03-5638-7438 地図はここをクリック

第15回 首都圏滅菌管理研究会

 

 今年も木の葉が色づく季節に開催されました、首都圏滅菌管理研究会に参加させてい

ただきましたのでご報告いたします。

 

f:id:tokyo-microscope:20181206151335j:plain


 

 

 

          【第15回首都圏滅菌管理研究会】

 

・開催日時 2018年11月10日㈯ 

      午前10時~午後17時

・会場   伊藤国際学研究センター 伊藤謝恩ホール

 

・テーマ 「滅菌保証を再考する」

 

【感染症基礎講座X】

感染制御に役立つ栄養療法の力
  土師 誠二(医療法人社団蘇生会蘇生会総合病院副院長・外科部長)

 

【教育講演】

内視鏡外科手術機器のリプロセス時のポイント
  錦織 雄詩(オリンパスメディカルサイエンス販売株式会社)

 

【シンポジウム】

滅菌保証を考える
 Ⅰ.CIとBIの基本、BIの意義と信頼性
  長瀬 昭広(スリーエムジャパン株式会社)
 Ⅱ.オートクレーブ滅菌バリデーションの実践報告とパラメトリックリリースの検討
  小林 誠(榊原記念病院)
 Ⅲ.現場における払い出しの実情
  酒井 大志(越谷市立病院)
 Ⅳ.歯科クリニックでの滅菌保証のあり方
  戸田 奈緒美(イリタニオフィス)

 

【特別講演】

インテリジェント・ホスピタルの要は中材業務が担う
  大平 明弘(前島根大学副学長・前眼科学講座教授)

 

【ディスカッション】

 

【参加自由型企画】

=中材業務の見える化に向けてⅡ=
  <パネリスト>
  市橋 友子(聖路加国際病院)
  大川 博史(東京大学病院)
  松本 敏明(町田市民病院)
  橋本 章(株式会社名優)
  奥野 雅士(スリーエムジャパン株式会社)

 

 

  今回は、当院歯科衛生士 戸田奈緒美先生の講演、また論文掲載もあり大変充実した

講演会となりました。ご興味がある方は、当院にてご覧いただけますので、お声がけく

ださいませ!

 

f:id:tokyo-microscope:20181206151354j:plain

 

 

 

 さて、私事で大変恐縮ですが、今年の夏闘病生活を送った親族がありました。術前術

後にわたり、当院長 入谷先生をはじめ、歯科衛生士 戸田奈緒美先生には、沢山の知

識やアドバイスを頂戴しており、様々な苦しい時を乗り切ることができました事を大変

感謝しております。

 

 そして、この講演会での感染症基礎講座では、当時の状況や現在の状態などを念頭

に拝聴することができました。

 

 身体的な見た目には関係なく、低栄養になっていることがあること、低栄養によって

術後の合併リスクが高まることが分かりました。

 

*術後感染性合併症を防止するために

 

 

術前    ➡    ・低栄養、肥満対策

              ・感染対策

           ・宿主免疫能の強化

           ・併存疾患の管理(DM,など)

 

術中              ➡              ・低侵襲手術の導入(鏡視下)

                                       ・体温保持

                                       ・出血量と手術時間の減少

                                       ・手術手技と器具の進歩

 

 

術後              ➡              ・液性メディエーターのコントロール

                                       ・高濃度酸素

                                       ・血糖コントロール

                                       ・低栄養と免疫不全の改善

 

                   ・ワールドワイドガイドラインより

 

 私は、親族が大手術を受けるにあたり、当院の先生方サポートの元、術前術後の強

 化栄養のサポートに努めました。

 親族が高齢であることから、エネルギーが不足しがちなため、おやつに好きなものを

 食べることで、食べる楽しみを感じてもらうことにしました。乳製品、プリン、アイ

 スクリーム、まんじゅうなどエネルギーが高いものやたんぱく質が多く、栄養価が高

 いものを食べました。

 その結果、術前の体重の増減も少なく、体力・筋力は良好のお墨付きの元、大手術

 へ挑むことができました。術後の経過も良好で、スムーズに退院を迎えることができ

 さらには術後の検診も順調です。

 本題とは少し離れますが、美味しいものを、楽しくいただくこと。これこそが心と

 身体の栄養に繋がるものだと痛感いたしました。

このような対応ができましたのも、当院の先生方を始め、スタッフの皆様に支えられ

て闘病生活をスムーズに乗り切ることができました事だと思います。この場をお借り

いたしまして、改めて感謝いたします。

 

 

シンポジウム  滅菌保証を考える
 CIとBIの基本、BIの意義と信頼性    

   長瀬 昭広(スリーエムジャパン株式会社)

 

 ・CI・BIのインジケータの役割について

 

CI

特に重要な滅菌条件の滅菌器庫内における“バラつきを検知”

👇

個々の滅菌物が置かれた場所で目近物の重要条件が達成されたことを使用する

BI

菌が殺滅できる状態であったこと“滅菌工程の致死性を確認”

👇

実際に滅菌工程が菌(芽胞)を死滅させる条件に達したことを確認する目的で使用

 

  CIとBIがそれそれぞれの役割から保証を位置づけ、物理的インジケータによる記録によって滅菌管理が保証される。

 

・今回の公演から、当院における滅菌業務につて

 

患者様への良好なイメージ作り

処置内容ごとに器材を適切に取り扱う

洗浄の作業手順

器材はセット組された状態で洗浄・すすぎおよび乾燥のプロセスを行う

滅菌における包装と滅菌機への挿入

器材を1つのセットにまとめて収納

保管の効率性と完結性

滅菌終了後、簡便に収納・保管

 

 

・当院における滅菌管理の信頼性について

  当院では、化学的インジケータ・生物学的インジケータ・物理的インジケータ、三種

のインジケータを正しく併用し、日々ホームページで滅菌保証をアップしております。

 

  また、今回の講演会により、滅菌技術、医療安全について意識向上に繋がりました。

そして、初心忘れず、目に見えない天敵を撃退!手洗いですね!!

東京マイクロスコープ顕微鏡歯科治療
イリタニオフィス
東京都墨田区江東橋4-26-9 錦糸町NKビル9階
予約専用回線 03-5638-7438地図はここをクリック