Advanced Care Dental Office 東京顕微鏡歯科 kanaのブログ

Advanced Care Dental Office東京マイクロ顕微鏡歯科専門のkanaのブログ

東京マイクロスコープ顕微鏡歯科治療イリタニオフィス
予約専用回線03-5638-7438 地図はここをクリック

『離乳の上手な進め方』 ✳︎離乳移行へのサイン

 アシスタントのkanaです。

 

 本日は『離乳の上手な進め方』についてのお話をさせていただきます。

 

 

             離乳の上手な進め方

 

  離乳期を通して量を食べさせようとせずに、食べる動きを促すように進めていく

 ことが上手な離乳の進め方です。そのためには、離乳期をおおよその月齢で区切っ

 た各時期における離乳の進め方と食べ方の発達に合わせた離乳食の調理形態の関連

 を理解することが大切です。

 

f:id:tokyo-microscope:20180427115219j:plain

 

 

  ✳︎離乳移行へのサイン

   生まれて4ヶ月頃になると、手でおもちゃを握ることができるようになり、お

  もちゃしゃぶりが頻繁に見られます。硬さや大きさの異なるおもちゃが、口やそ

  の周囲に触れる頻度が多くなるにつれて、口でおもちゃをくわえたままで舌をお

  もちゃの脇から出したり、唇が上下するなど舌、口唇、下顎(下あご)などが自

  分の意思で動くことが可能となります。外から口の中に入ってくる「物」を触覚

  などによって認知し、その「物」に働きかけるように反応して、自らの意思で

  動く”口あそび”は離乳への移行サインです。

   厳密な離乳の開始時期の目安はなく、開始時期に少しのずれはほとんど問題に

  なりません。早すぎる離乳開始は、機能発達が未熟のために離乳食を押し出すな

  どの期間が長くなるだけとも言えます。口腔の機能面では、ゆっくり5〜6ヶ月頃

  から始めて十分です。

 

 ✳︎食べ方の発達と食べさせ方

   離乳期は歯のない口から前歯が生え揃う口へと、口の成長変化が著しい時期

  です。この口の中の成長変化に対応した、食べ方の発達変化に気づくことが大切

  です。歯の生え方や動きの変化に気づくことで、食べさせ方を変えていきます。

  離乳食の調理形態、食事介助の仕方、使用する食具・食器、などを合わせていく

  ことが発達を促します。

 

 

 ✳︎口の動き・食べさせ方に合わせた離乳食の作り方・与え方

  🔻口の動き・食べ方に合わせた離乳食

  ・5〜6ヶ月頃

    離乳食をたべはじめた最初の頃は、あご(顎)の開閉に合わせるように舌を

   出してくることが多いのですが、徐々に減少して下唇が内側に入り込むように

   して嚥下する動きが見られるようになります。しばらくすると、上下口唇を閉

   鎖しながらスプーン上の離乳食を上唇で擦りとるようにして捕食(口の中に摂

   りこむ)することができるようになります。

    自分の意思で口を閉じて、嚥下と捕食の機能の獲得がなされます。このよう

   な動きを促す介助は、下唇正中部の赤唇上に食具(スプーン)のボール部を乗

   せて、あごと口唇の閉鎖を待って、口唇が閉鎖してからスプーンを引き抜くよ

   うにした与え方です。この捕食の介助は、離乳初期だけでなく発達期全般に必

   要となり、この食べ方は生涯にわたって使われていきます。

    離乳食は、塊のない滑らかにすりつぶしたトロトロ状から、離乳が進む(飲

   み込みが上手になる)につれて水分を少しずつ少なくして、ペースト状にして

   いきます。子供の状態を見ながら、1日1回1匙づつ始めます。母乳やミルクは

   飲みたいだけ与えます。

 

  ・ 7〜8ヶ月頃

    軟固形の離乳食を、舌前方部と口蓋數壁部の間で押しつぶす動きが見られる

   ようになります。その動きの様子を観察すると、口角部(口の端)の水平方向

   への動きとそれとともに赤唇部が扁平になるのが見られます。

    食べさせ方の介助では、口の中で形のある軟らかい食品の大きさや硬さなど

   の食物の物性が感知しやすく、軟らかな固形食物をつぶす動きを引き出せる

   よう、口を閉じた時に舌の前方部に食物が取り込めるような介助をします。

    特に大きく口を開いた時に、舌の中央や奥側に食べ物を入れ込まないよう注

   意が必要です。

    離乳食は、指でつまむと簡単に潰れるような軟らかさの固形食が適当です。

   最初は、舌で潰された食物が口の中でバラバラになって飲み込みずらいため

   に、あんかけなどのトロミづけをするなどの工夫が必要です。

    1日2回の食事のリズムをつけていくのと同時に、いろんな味や舌触りを楽し

   めるように食品の種類を増やしていきます。

 

  ・ 9〜11ヶ月頃

    奥の歯ぐき(歯肉)で食物を潰す動きが発達するこの時期には、舌と下顎の

   横への動きに対して頬と口唇が協調した動きが見られます。動きを詳細に見る

   と、奥の歯ぐきの上の食物を舌の側縁と頬の内側の粘膜で保持しながら、下顎

   の側方運動(臼磨運動)によって、その食品をすり潰す動きです。この一連の

   動きは、外からの観察では口角の特徴的な動きとして見る事が可能です。

    また、”手づかみ食べ”の始まるこの時期は。種々の食物の形や物性の感覚を

   手づかみしながら手掌や手指によって覚えていくため、食事やおやつの場で、

   そこにある食品を手でつかむことが頻繁に見られますが、このような動きを止

   めさせないような配慮が必要です。

    離乳食は、奥の歯ぐきでつぶせる固さ程度が適当となります。目安として

   は、指でつまんで力を入れるとつぶすことができる程度の硬さです。前歯は生

   えてきますが、奥歯は1歳半頃にならないと生えてきても上下の歯が噛み合い

   ません。硬くなりすぎたり、繊維が強い食物は、つぶすことができないため丸

   飲みすることもしばしばです。固形食物を丸飲みする習癖を防ぐ面からも硬さ

   に注意することが大切です。食事のリズムを大切に、1日3回食に進めていき、

   家族一緒の楽しい食卓を経験させるのも大切です。

 

  ・12〜18ヶ月(離乳完了)頃

    この時期の最初の頃は、食物を持った手に顔と口が迎えに行くような頭部の

   回旋の動きが見られますが、次第に回旋がなくなり顔が正面を向いたままで手

   と協調できるようになって、正面を向いて唇の中央部から手づかみした食品を

   口の中へ取り込めるようになります。

    また、指も最初の頃は口の中に入りますが、1歳半頃には唇の位置までで止

   まり、指は入らずに大きなものは前歯で噛みとって取り込むことができるよう

   になります。自分で食べる動きが活発の割には、一口量の調節などの協調動作

   の獲得に時間を要するために、よく食物をこぼします。多少汚れても発達に必

   要ですから、おおらかに見守って手づかみ食べを止めさせないようにします。

   このような食べ方は、前歯による噛みとる機会が多くなるため、硬さに応じた

   歯が受ける感覚と咀嚼の筋の力の程度をの協調などを学び、一口量の感覚が獲

   得されていきます。

    食物の形態は、硬さは奥歯が生えていないか生えていても上下の歯がしっか

   り噛み合っていないため、繊維の強い野菜や肉などは噛み潰すことはできま

   せん。奥歯の状態を見ながら、食物を選択する事が必要です。また、”手づかみ

   食べ”で機能発達が促される時期です。手に持てる形の果物や野菜などの調理の

   工夫や菓子類などの選択必要となります。

 

  ✳︎離乳期の口の管理

    口の中に乳汁だけしか入ってこなかった時に比べて、離乳期には種々の食品

   が口に入るようになります。離乳期でも5〜6ヶ月の頃は食物の種類も少なく、

   ペースト状の離乳食がほとんどです。離乳食の後の乳汁で口の中はきれいにな

   りますが、7〜8ヶ月頃からは離乳食も軟固形となり、潰された離乳食の一部

   が奥の歯ぐきと頬の間に残る事があります。ガーゼなどでやさしく拭ってあげ

   ると良いでしょう。

    個人によって差がありますが、8ヶ月前後には下の前歯が生えてきます。歯

   ブラシで歯を磨くまでにはステップがあります。最初は口の中をよく見て、そ

   っと指で触れる事から始めます。こうして口の中や歯に触れられる事に慣れさ

   せていきます。そして歯が少し長くなってきたら、ガーゼで歯の表面を拭って

   あげます。機嫌のよい時に話しかけながら拭うようにします。

    やがて上の歯が生えてきます。すぐに歯ブラシでゴシゴシ磨く事は避けて、

   赤ちゃん用の歯ブラシを口に入れて遊ばせる事から始めます。慣れるまでの期

   間には個人差がありますが、この間の歯の掃除は慣れたガーゼを用います。

    歯ブラシに慣れてきたら、歯ブラシで遊ばせた後にお母さんの膝の上に寝か

   せて、やさしく話しかけながらみがいてあげます。前歯や前歯の周りの歯ぐき

   は、体の中で非常に敏感な場所です。少しずつ慣れさせながら歯磨きをすすめ

   る事が大切です。

 

東京マイクロスコープ顕微鏡歯科治療
イリタニオフィス
東京都墨田区江東橋4-26-9 錦糸町NKビル9階
予約専用回線 03-5638-7438地図はここをクリック