読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Advanced Care Dental Office 東京顕微鏡歯科 kanaのブログ

Advanced Care Dental Office東京マイクロ顕微鏡歯科専門のkanaのブログ

東京マイクロスコープ顕微鏡歯科治療イリタニオフィス
予約専用回線03-5638-7438 地図はここをクリック

〜妊娠時に起こりやすい歯と口の病気〜 *歯 歯が痛い・しみる

 

 こんにちは アシスタントのkanaです。

 本日も妊娠中のお口についてレポートさせていただきます。

 

 〜妊娠時に起こりやすい歯と口の病気〜

 *歯 歯が痛い・しみる

   歯の痛みの原因はさまざまですが、大きく分けると、歯の内部にある神経

 (歯髄)への刺激や神経の炎症が原因で起きる痛みと、歯を支えている骨

 (歯槽骨)や歯ぐき(歯肉)に生じた炎症が原因で起きる痛みがあります。

   これらの痛みのうち、前者は妊娠しているかどうかにはあまり関係がなく、日

  常的にどのくらいむし歯(う蝕)の予防を心がけているか、予防方法に無理はな

  いか、むし歯の治療をきちっと受けているか、治療が適切に行われたかどうか、

  などによって左右されます。

   歯ブラシやデンタルフロスによる歯口清掃を適切に行っていれば、妊娠したか

  らといって急にむし歯が増えることはありません。ただし、妊娠にともなって食

  生活が変化し(食事のタイミングや嗜好の変化、間食回数など)、ショ糖(甘

  い物)を摂取する回数が多くなると、むし歯ができやすくなります。妊娠中は体

  重が増えすぎないようコントロールすう必要がありますし、唾液のPHや緩衝能が

  低下する傾向がありますから、いずれの面からもショ糖の摂取は控えめにするこ

  とが重要です。

   歯の神経からくる痛みの多くはむし歯によるものですので、食事の際に特定の

  歯がズキズキする、冷たい物がしみるなどの症状がでた場合には放置せず、治療

  を受ける必要があります。また、歯の詰め物(充填物)がとれて、痛みがある場

  合にも治療を受けておくことが大切です。歯科治療で用いられる局所麻酔薬が胎

  児の発育に影響することはありませんが、薬物アレルギーがあったり、心臓の

  病気、貧血、糖尿病などの基礎疾患がある場合には、歯科治療を受けていいかど

  うかを主治医に確認する必要があります。

   日頃から歯磨きを熱心にしている人、あるいは歯ぐきがやせ気味の人で、歯ブ

  ラシの毛が歯の根元に触れた瞬間に一過性の鋭い痛みを感じる場合があります。

  これは知覚過敏と呼ばれ、本来は歯の表面に露出していないはずの象牙質に毛先

  が直接触れることで、刺激が神経まで伝わって痛みが生じます。知覚過敏に対し

  ては、歯の表面に薬剤を塗るなどして刺激を遮断する治療が行われます。妊娠中

  であっても問題なく治療を受けることができます。 

   妊娠中も、歯を支えている骨や歯肉に生じた炎症が原因で痛みを感じる場合が

  あり、その際の治療として歯ぐきの処置に加えて内服薬を処方される場合があり

  ますので、薬物について注意が必要です。骨や歯肉は内分泌の影響を受けやす

  く、妊娠中は歯肉炎が起きやすいことが知られています。一般的には歯肉炎で痛

  みを生じることは少ないですが、歯肉の腫れや出血とともに痛みを感じた場合

  には、すぐ歯科医院で診察を受けることをおすすめします。

 

東京マイクロスコープ顕微鏡歯科治療
イリタニオフィス
東京都墨田区江東橋4-26-9 錦糸町NKビル9階
予約専用回線 03-5638-7438地図はここをクリック