Advanced Care Dental Office 東京顕微鏡歯科 kanaのブログ

Advanced Care Dental Office東京マイクロ顕微鏡歯科専門のkanaのブログ

東京マイクロスコープ顕微鏡歯科治療イリタニオフィス
予約専用回線03-5638-7438 地図はここをクリック

◆妊娠時の歯磨き

 こんにちは アシスタントのkanaです。

妊娠時の歯磨きについてのお話です。

 

 

◆妊娠時の歯磨き

 妊娠中のむし歯について少し考えてみましょう。妊娠時に最初に気をつけなければならないことは歯・口の清掃です。

 妊娠初期の2ヶ月頃からつわり(悪阻)が現れてきます。教科書的には妊娠4ヶ月頃までに消失するとありますが、実際に調査したところでは妊娠3ヶ月で約80%の妊婦がつわりを認め、それ以降においても65%から70%という高い出現率が全妊娠期を通じて認められました。つわりがあるときには、歯みがきをすることがつらく、特に奥歯はみがきにくくなります。このようなときには、香料の強い歯みがき剤の使用を避けたり、小さめの歯ブラシに変えるなどして顔を前傾させ、前にかきだすようにみがくと吐き気をもよおすことなく歯みがきができる場合があります。むし歯の予防のためには、まず妊娠初期にていねいな歯みがきを怠らないことです。

 実際、妊娠初期には十分にみがけない妊婦さんが多く、妊娠9ヶ月では1日3回以上歯みがきをする人が60%程度いますが、妊娠3ヶ月では、わずかに15%程度しかいないことからも推測できると思います。つわりの重い妊婦さんでは、歯みがきのできなかった時期が7ヶ月間にわたった人もいるのです。これほど長い間、歯みがきができなければ、むし歯予防はきわめて難しくなるでしょう。

東京マイクロスコープ顕微鏡歯科治療
イリタニオフィス
東京都墨田区江東橋4-26-9 錦糸町NKビル9階
予約専用回線 03-5638-7438地図はここをクリック