読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Advanced Care Dental Office 東京顕微鏡歯科 kanaのブログ

Advanced Care Dental Office東京マイクロ顕微鏡歯科専門のkanaのブログ

東京マイクロスコープ顕微鏡歯科治療イリタニオフィス
予約専用回線03-5638-7438 地図はここをクリック

※妊娠時の口の中の変化を知ろう ◆赤ちゃんにカルシウム取られて歯がボロボロに…⁉︎(妊娠中に虫歯や歯痛が起こりやすいわけ)

こんにちは。アシスタントのkanaです。

 

 今回からは、妊娠中の口の中についてのお話です。

🔹『赤ちゃんにカルシウム取られて歯がボロボロに…⁉︎』

 

 妊娠中は、ホルモンのバランスが変わったり、つわり(悪阻)などにより口腔内が酸性に傾くチャンスが多くなったり、唾液の分泌、食生活の変化なども加わり口の中が汚れやすく、清掃がしにくくなったりする傾向があります。口の中の環境がかなり変化します。当然そのことにより、歯茎(歯肉)が腫れたりむし歯(齲蝕)が多発したりすることがよく見られます。また、むし歯や歯ぐきの腫れがなくても、歯に循環する血流量が増え、歯が痛くなったりすることもあります。甘いものを食べたときや温かいものを食べたり飲んだりしたとき、歯がしみたり、歯磨きのときなどに出血したりなどの口の中の変化を普段から気にして、観察しておきましょう。ご自分で判断できないときはもちろん、ときどき歯科で検診も受けておきましょう。

 

🔹『気持ち悪くて、みがけない!(妊娠初期の歯みがきと吐き気)』

 妊娠初期につわりで、気持ちが悪く吐き気をもよおしたりします。人によってさまざまですが、臭いや食べ物が引き金になるようです。歯みがきのときなども、口の中に歯ブラシを入れただけで、気持ち悪くなったりする時期もある人がいます。そんなとき、歯みがきペーストの使用をやめたりしてみてください。また、小さめの歯ブラシに変えてみたり、みがく順序も内側、特に、上の歯の内側を最後にみがくなど工夫してみてください。結構、吐き気を防げることがあります。歯ブラシが入れられないときは、フロス(糸ようじ)や歯間ブラシを使ってみてください。どうしてもみがけないときは、うがいだけでもして、甘い食べ物を控えるようにしてください。ほんの一時期だけのことが多いようです。

 そんなに焦らず、ゆっくりと構えてください。食後だけでなく、気持ちがリラッックスしているときにみがいてみるのも良いかもしれません。

 ちなみに、歯みがきしているときは、人間、鼻でリズミカルに呼吸し、気持ちが落ち着きます。リラックスできます。

 

東京マイクロスコープ顕微鏡歯科治療
イリタニオフィス
東京都墨田区江東橋4-26-9 錦糸町NKビル9階
予約専用回線 03-5638-7438地図はここをクリック