Advanced Care Dental Office 東京顕微鏡歯科 kanaのブログ

Advanced Care Dental Office東京マイクロ顕微鏡歯科専門のkanaのブログ

東京マイクロスコープ顕微鏡歯科治療イリタニオフィス
予約専用回線03-5638-7438 地図はここをクリック

食べ物が喉につまった

 こんにちは アシスタントのkanaです。爽やかな秋晴れが続いていて嬉しく思う今日この頃です。

 

 今回は、「食べ物が喉につまった」時の対処法について、お話をさせていただきます。

 

 窒息した場合の応急処置は、まず指で掻き出すことです(指拭法)。人差し指、中指、薬指くらいを使って、なるべく舌の奥まで指を入れて掻き出します。むしろ、奥舌を押し込んで、吐く動作(嘔吐反射)を誘発し、吐き出せるくらいの勢いで良いと思います。

 体格的、腕力的に介護者に余裕のあるときは、背後から両腕を腹部に回し、その際に片腕は拳をつくり、もう片方の手は拳を包むようにして、胸骨と臍の間の腹部を上向きに強く圧迫する方法があります(ハイムリッヒ法)。

 吸引器や掃除機を使用した「吸引」や、背部を叩打する方法(背部叩打法)も有効です。

 救急車を呼ぶことは重要ですが、救急隊員が来てからというよりも、市民の手で前述したことを試みることのほうが重要です。

これら窒息物除去の試みをした場合は、そうしなかった場合に比べて生存率を3倍高める結果となります。

 

東京マイクロスコープ顕微鏡歯科治療
イリタニオフィス
東京都墨田区江東橋4-26-9 錦糸町NKビル9階
予約専用回線 03-5638-7438地図はここをクリック