Advanced Care Dental Office 東京顕微鏡歯科 kanaのブログ

Advanced Care Dental Office東京マイクロ顕微鏡歯科専門のkanaのブログ

東京マイクロスコープ顕微鏡歯科治療イリタニオフィス
予約専用回線03-5638-7438 地図はここをクリック

顔が痛む(顎顔面の疼痛)

 顔の痛みは外傷、炎症、感染症、神経痛、顎関節症など、さまざまな原因で生じます。自分で原因が推定できる場合(虫歯、打撲など)は近隣の歯科医を受診すれば良いでしょう。原因がわからない場合や夜間の痛みは不安を高めるため、痛みを強く感じてしまいます。そのような場合は、以下の内容を観察してください。

 痛みが生じたら、体と顔の力を抜いて、口を軽く開いて上下の歯を離した状態で調べてください。

 ①この状態(何もしていない状態)で、痛みが少なくなりますか?

 ②痛みの種類は、心臓の鼓動に合わせてズキンズキン?あるいは重い感じ?

 ③痛みが悪化するのは、「噛む、横になる、大開口、硬い食品を噛むなど」の行動と 

  の関係がありますか?

 ④痛みが悪化する時間帯は(起床時、食事時、入浴時、睡眠中など)?

 ⑤痛みの持続時間は?

 ⑥痛む部位を明確にできますか?

 ⑦腫れていますか?

 ⑧腫れた部位を押すと痛みが悪化しますか?

 ⑨発熱はありますか?

 10この痛みはいつからありますか?

 11痛みは日々悪化していますか?

 12しびれや運動麻痺がありますか?

 これらの質問で、3ヶ月以上続く痛みがあり、特定の行動や時間帯に悪化し、重い感じの痛みならば慢性痛が考えられますので、痛みが悪化する行動を避け、歯科医院を受診してください。

 また神経痛では、電気に触れたような激痛が数十秒あり、その後に痛みが消えるという特徴があります。鎮痛薬を飲むことはかまいませんが、添付文書に従って服用してください。不安でしたら薬剤師の指示を受けてください。また服用薬剤と服用時間は記録して受診してください。神経欠落症状(しびれや動かないなど)をともなう場合は、腫瘍性の病気が疑われます。

東京マイクロスコープ顕微鏡歯科治療
イリタニオフィス
東京都墨田区江東橋4-26-9 錦糸町NKビル9階
予約専用回線 03-5638-7438地図はここをクリック