Advanced Care Dental Office 東京顕微鏡歯科 kanaのブログ

Advanced Care Dental Office東京マイクロ顕微鏡歯科専門のkanaのブログ

東京マイクロスコープ顕微鏡歯科治療イリタニオフィス
予約専用回線03-5638-7438 地図はここをクリック

口の中がヒリヒリする(口内炎による疼痛)

 口の中の粘膜がただれて炎症を起こしている状態を、まとめて口内炎と呼んでいます。

 一般的に口内炎と言われているのは、疲れたときや体調が悪いとき、唇・頬の粘膜・舌などにヒリヒリした痛みを感じる直径2〜3㎜程度で周囲が赤く、その中心部に白っぽい潰瘍を形成するアフタ性口内炎と呼ばれるものです。何もしなくても、3日から7日くらいで自然に治ってしまうのが一般的です。

 原因は、過労・栄養不良・ストレスなどがあげられます。痛いので歯磨きをしないで口の中を不潔にしていると、二次的に感染を引き起こし長引くことがあるので、うがいなどで口の中を清潔にして休養をとることが大切です。口内炎を自覚して1週間経っても症状が改善しない場合には、歯科医院を受診してよく調べてもらうことが大変重要です。口内炎といっても、さまざまな病気の症状あるいは初期の症状として現れることがあるからです。

 口内炎を症状とするものには次にあげるものがあります。

ウィルス感染による

  単純疱疹

  帯状疱疹

  ヘルパンギーナ

  手足口病

 免疫異常・アレルギーによる

  天疱瘡

  類天疱瘡

  表皮水泡症  

  薬物性口内炎

  多型滲出性紅斑

  スティーブンス・ジョウンソン症候群

  中毒性表皮壊死剥離症

  全身性エリトマトーデス

  ベーチェット病(慢性再発性アフタ)

 感染などによる

  壊死性潰瘍性歯肉口内炎

  壊疽性口内炎

  口腔カンジタ症

 腫瘍などによる

  口腔扁平苔癬

  紅板症

  口腔がん

また一見、口内炎のようでも実は異なった口の粘膜の病気の場合もあります。もっとも注意が必要なものは、口腔がんです。口腔がんの初期症状は、舌・頬粘膜・口唇の粘膜にできたごく小さい潰瘍として現れ、アフタ性口内炎と区別がつかないことがあります。したがって、自己判断で市販薬などを塗ってむやみに様子を診ていると、病気が進行してしまうことがあります。

 口内炎が、①1週間以上治らない、②強い痛みや出血をともなう、③徐々に大きくなる、④同時に3ヶ所以上にできている、このような場合はすぐに歯科医院を受診し、適切な検査と診断、そして治療を受けるようにしてください。

 

 

東京マイクロスコープ顕微鏡歯科治療
イリタニオフィス
東京都墨田区江東橋4-26-9 錦糸町NKビル9階
予約専用回線 03-5638-7438地図はここをクリック