Advanced Care Dental Office 東京顕微鏡歯科 kanaのブログ

Advanced Care Dental Office東京マイクロ顕微鏡歯科専門のkanaのブログ

東京マイクロスコープ顕微鏡歯科治療イリタニオフィス
予約専用回線03-5638-7438 地図はここをクリック

あご(顎)の関節が痛い(顎関節の疼痛)

 朝起きた直後あるいは夕方から夜にかけて、口を大きく開けると耳の穴の前方部に痛みを感じるようであれば、それはあご(顎)の関節の痛みの可能性があります。

 痛みに合わせて口を開ける際に、その部分にガクっとした感じや、頬やこめかみの付近の筋肉痛を自覚することもあります。口を開けるときに痛む(開口時痛)、口が開きにくい(開口障害)、開くときに音がする(開口雑音)、これらの症状を認めた場合は顎関節症の可能性があります。

 開けるときの痛みは朝起きた直後、あるいは夕方から夜にかけて強く感じることが多く、寝ているときの歯ぎしりや食べるときの噛みぐせなどで、顎の関節に負担が多くかかっていることが直接的な原因です。これらを、ストレス・歯ならび・噛み合わせなどの要因が、関節的に助長します。

 14〜17歳頃は顎関節の成長期にあたり、同様の症状を認めることがありますが、多くの場合は成長が終わるにつれて消退します。成人でこのような症状を自覚した場合には、注意が必要です。

 顎の関節は口を開くときは回転しながら前方にずれてゆきます。この動きをスムースに行うための役目をしているのが関節円板といわれる組織で、これが圧迫されたりずれたりすることで、先の3つの症状が発生します。顎関節症が進行すると、この円板が前方に落ち込んで口がほとんど開かなくなったり、穴があいて強い痛みを感じることがあります。さらに進むと、関節の骨の形に変形をきたすこともあります。高齢の方で入れ歯(義歯)を使っている方は、より症状が強く出ることもあります。

 このような症状があったら、痛みを我慢して口を大きく開けることはせず、口を開くのは痛くない範囲にとどめて、なるべく安静にする必要があります。鎮痛薬や湿布薬で痛みが軽減することもありますが、一時的なものにとどまります。顎関節症の診断には、症状の他にエックス写真やMRIなどによる検査が必要になります。治療は病状や噛み合わせの状態によって方法が異なってくるので、顎の関節に継続して痛みを感じるのであれば、歯科医院で診察してもらうほうが良いでしょう。

 

東京マイクロスコープ顕微鏡歯科治療
イリタニオフィス
東京都墨田区江東橋4-26-9 錦糸町NKビル9階
予約専用回線 03-5638-7438地図はここをクリック