読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Advanced Care Dental Office 東京顕微鏡歯科 kanaのブログ

Advanced Care Dental Office東京マイクロ顕微鏡歯科専門のkanaのブログ

東京マイクロスコープ顕微鏡歯科治療イリタニオフィス
予約専用回線03-5638-7438 地図はここをクリック

歯がしみる

皆様こんにちは。顕微鏡アシスタントkanaです。

日々アシスタントとして勉強中!今日は歯がしみることについて書いてみようと思います。

 

 通常、歯に異常を感じるときにまず生じる感覚が、「冷たいものが歯にしみる」という症状だと思います。歯が冷たいものにしみるようになると、「虫歯ができてしまったかもしれない」と考え、歯科医院を受診する方も多くいらっしゃると思います。しかし「虫歯はなさそうですね。たぶん、知覚過敏でしょう」と歯科医師からあっさり診断を受けることも少なくないようです。

 そもそも、この「歯がしみる」という現象は、象牙質の表面に伝わった刺激を象牙細管と呼ばれる象牙質内のトンネル状組織を経由して歯髄(歯の神経組織)で感知し、さらに脳へと伝わることから生じるものです。つまり、象牙質の表面に何らかの刺激が加わり、それが歯髄へと伝われば、歯はしみるのです。

 虫歯(齲蝕)で歯がしみる場合、虫歯は象牙質の比較的深いところまで進んでしまっていることが疑われます。それ以外にも歯周病や歯ブラシの不適切な使い方で、歯肉(歯ぐき)が痩せて歯の根(歯根)が露出してしまった場合(歯根露出)や、強い噛み合わせの力が繰り返し歯にかかり続けることで、歯と歯肉の境目付近に強いひずみの力が生じ、歯の根もとの部分が削れてしまった場合(くさび状欠損)には歯がしみる、いわゆる象牙質知覚過敏と呼ばれる症状が見られるようになります。

 歯がしみるようになった場合、まずは虫歯が原因か、それ以外の原因なのかを判別してもらうためにも歯科医院を受診することをおすすめします。もし、虫歯であれば適切な治療が必要でしょうし、知覚過敏であれば、歯の表面から刺激が加わらないような薬剤や材料を塗りながら、様子を診ていくことになると思います。

 歯ブラシの圧が強かったり、強い食いしばりや噛み締め、歯ぎしりがある場合や、酸性飲料(ワインやスポーツドリンクを含む)を習慣定期に飲んでいる場合には、これがしみる原因になっている場合もあります。思い当たることがあれば受診の際に歯科医師に伝えておくことで、より適切に対応出来るはずです。

 

歯の痛みはついつい気になり、日常生活にも支障を来しますね。歯がしみたらまずは歯医者さんへ行きましょう。

 

ご参考までに。

 

東京マイクロスコープ顕微鏡歯科治療
イリタニオフィス
東京都墨田区江東橋4-26-9 錦糸町NKビル9階
予約専用回線 03-5638-7438地図はここをクリック