読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Advanced Care Dental Office 東京顕微鏡歯科 kanaのブログ

Advanced Care Dental Office東京マイクロ顕微鏡歯科専門のkanaのブログ

東京マイクロスコープ顕微鏡歯科治療イリタニオフィス
予約専用回線03-5638-7438 地図はここをクリック

歯が折れた(破折)時はどうすればいいの?

歯と口の健康

おはようございます。顕微鏡歯科アシスタントKanaです。

今日はお天気がよくもう夏のような陽射しですね!

 

さて、今日は歯が折れた、脱臼したなどのトラブルについて書いてみたいと思います。

 

歯が折れた(歯の破折)

 

外傷により歯が破折したとき(歯が折れた時)は、すぐに歯科に行く事が重要です。

この際、折れた歯の部分が見つかった場合は、一応持参します。折れた歯を利用する事は不可能ですが、折れた部位を推定する事が出来ます。歯の折れた部位を、正確に診断するためにはエックス線検査が有効です。折れた部位により歯を残せるか、抜歯をする必要があるかの判断ができます。

 

歯が抜け落ちた、歯がぐらぐらになった(歯の脱臼)

 

打撲などによって歯が抜け落ちた時(完全脱臼)は、その歯を拾ってすぐに歯科に行く事が重要です。場合によっては抜けた歯を元の位置に戻す事ができます。これを歯の再植といいます。このとき、歯が乾燥しないように、水を含んだガーゼなどに包むか、あるいは水の入った小ビンに入れて持っていきますが、牛乳に漬けて持っていくのも効果的です。

なお、抜けた歯が汚れている場合でも、歯を布などでこすらないようにします。歯根(歯の根の部分)の周囲には歯根膜と言って、歯と連結している線維性の組織がありますが、これを出来るだけ残しておいたほうが良い結果がえられます。

脱落した歯が永久歯の場合は、周囲の歯を利用して元の位置に戻して固定する事により一時的に生着します。歯が生着するかしないかは、脱落から再植までの時間、歯の状態、そして周囲の歯の状態などによって影響されます。再植歯の寿命は、数年とも言われております。

打撲などによって歯がぐらついた時(不完全脱臼)は、歯肉(歯ぐき)から出血をともなっている事が多いので、清潔なガーゼまたはハンカチなどでおさえて止血をはかりながら、すぐ歯科を受診します。歯がぐらついているときは、歯が抜けかけているか歯が途中で折れている事も考えられます。単に歯が抜けかけているときは、その歯を元の位置に戻して、隣に歯を利用して固定することにより生着します(再植)。

外傷による歯の脱臼は学齢期児童の前歯に多い事から、歯を失うと咬合(噛み合わせ)、咀嚼、ならびに発音に影響しますが、心理面にも影響がでます。このため歯を再植することにより、義歯(入れ歯)または歯科インプラントを入れる時期を遅くする事が出来ます。

 

日常でも、転んだり、ぶつけたりと歯の破折、脱臼は人ごとではありません。急な時に慌てないように事前にこういった知識があると助かりますね。

 

ご参考までに。

東京マイクロスコープ顕微鏡歯科治療
イリタニオフィス
東京都墨田区江東橋4-26-9 錦糸町NKビル9階
予約専用回線 03-5638-7438地図はここをクリック