Advanced Care Dental Office 東京顕微鏡歯科 kanaのブログ

Advanced Care Dental Office東京マイクロ顕微鏡歯科専門のkanaのブログ

東京マイクロスコープ顕微鏡歯科治療イリタニオフィス
予約専用回線03-5638-7438 地図はここをクリック

世界最高のCBCT★"3DX-F8"(MORITA)について☆東京顕微鏡歯科

当医院に新たに導入しましたCBCT"3DX-F8"(MORITA社)についてです。

 

“一般的なCTの種類”

CT撮影機は大きく分けると3種類です。

① 医科用CT

② 歯科用CT専用機

③ CT/パノラマ複合機

歯科では、② 歯科用CT専用機 ③ CT/パノラマ複合機 の2種類が使用されます。

当医院にあります"3DX-F8"は、② 歯科用CT専用機に該当します。

 

“歯科用CT専用機とCT/パノラマ複合機の違い”

1 アーム固定法と撮影時の姿勢

放射線の出力センサーのついたアームの固定がより安定していれば、それだけブレのないクリアな画像が得られます。また、撮影時の患者様の頭部の固定も大切です。頸椎が前屈気味になると前歯部の像が不鮮明になることがあります。唾液の嚥下などによって患者様の頭部が動いてしまった場合も精密な画像は得られません。

歯科用CT専用機:門構えのどっしりした支柱に放射線の出力センサーのついたアームが固定されている。

        座位での撮影。頭部と顎をしっかり固定できるためブレる心配がありません。

CT/パノラマ複合機:ぶら下がっている。

        立位での撮影。側頭部と顎を固定しますが不安定です。

 

2 アームの回転角度

歯科用CT専用機:360°

        全方向からの撮影が可能です。より精度の高い像を得られます。特にインプラントが複数埋入されている口腔ですと、アーチファクトが軽減されます。

CT/パノラマ複合機:180°

 

3 放射角

歯科用CT専用機:ラッパ状に放射されるため、CT/パノラマ複合機と比べると対象に対して平行に当たります。画像の上下の歪みが少なくなります。

CT/パノラマ複合機:下方は水平に、上部に向かって打ち上げ状に放射されます。特に上顎洞が歪んでしまう。

 

*以上の特徴によって歯科用CT専用機はCT/パノラマ複合機に比べて、より精度の高いクリアな像を得ることができます。

 

 

“3DX-F8の優位性”

•モリタ社のCTは他社と比較して圧倒的に画質がクリアです。

ノイズやアーチファクト、歪みが少ないので実像との誤差がほとんどありません。エナメル質と象牙質の境界や皮質骨・海綿骨なども明瞭に撮影する事が可能です。

画質を他社製品と見比べると一目瞭然ですが、比較資料が手元にないので残念ながらここでお見せすることができません。ベルギーにあるLeuven大学によって世界のそれぞれ異なる企業の開発した5台の歯科用CT撮影機と1台の医科用CTによる画質比較テストが行われ、その結果が論文として発表されています。その論文においても"3DX-F8"(MORITA社)が一位と二位を独占しているんです。このことからも画像の再現度が優れていると言えます。

 

•被爆量が少ないのも特徴のひとつです。

ヨーロッパ原子力委員会という機関で測定した線量が11-102μSvです。

放射線量テストの基準が2007年以降厳しくなったのですが、この検査は2008年に行われたものです。

 

そしていろいろと書き連ねましたが、中でも3DX-F8の1番優れている機能がズーム再構成機能です!!!

…が、この機能については次回お伝えしたいと思います♪

 

今日もありがとうございました♡Kim 

東京マイクロスコープ顕微鏡歯科治療
イリタニオフィス
東京都墨田区江東橋4-26-9 錦糸町NKビル9階
予約専用回線 03-5638-7438地図はここをクリック