読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Advanced Care Dental Office 東京顕微鏡歯科 kanaのブログ

Advanced Care Dental Office東京マイクロ顕微鏡歯科専門のkanaのブログ

東京マイクロスコープ顕微鏡歯科治療イリタニオフィス
予約専用回線03-5638-7438 地図はここをクリック

歯を失うのはなぜでしょうか☆東京顕微鏡歯科

東京マイクロスコープ顕微鏡歯科治療

おはようございます♪

 

チームマイクロハイジニストでは歯科医師の先生方の歯のクリーニングを始めました。

またクリーニングのみご希望の患者様も受付ておりますのでご希望の方はお電話でお問い合わせください!

 

このブログをご覧の皆様は齲蝕経験がある方が多いのではないでしょうか?

歯科医院で齲歯を削り、補綴物を入れるに至ったのはなぜでしょうか?

なぜ皆様の健康だった口腔は齲蝕や歯周病で治療するに至ってしまったのでしょうか?

 

 

厚生労働省の歯科疾患実態調査(最新2011年度)によると、健全歯数28本のうち(智歯=親知らずは含みません)日本人は60歳で6本、80歳で16本もの歯を失っています。また、80歳で約55%もの人が歯が1本もない状態(無歯顎)です。

一方、歯科先進国であるスウェーデンの80歳の方に残っている歯の本数は20本を超えており、これは日本の2倍以上になります。

 このようなデータから、現在の日本における歯科医療はまだまだ遅れており、日本人の歯や口腔の健康を守る事が難しい状況といえるのではないでしょうか?

 

では、日本人は歯科医院に全く行かず歯の治療をしていないため、歯を失っているのでしょうか?

 OECD(経済協力開発機構)に加盟している先進国のうち21カ国の歯科疾患に関するデータを分析してみますと、日本人が歯科治療に掛ける費用は21カ国中5位で年間に歯科医院を受診する回数は2位だそうです。

日本人は国際的に見て、頻繁に歯科医院に通っているにもかかわらず歯牙を失い続けている状況です。

これは今までの歯科医院へのかかり方や治療システムに問題があるからではないでしょうか。

 

ではどのようにして歯は失われていくのでしょうか?

次回は日本における平均的な歯の一生をお伝えしようと思います。

 

それでは、今日も良い一日をお過ごしください

 

東京マイクロスコープ顕微鏡歯科治療
イリタニオフィス
東京都墨田区江東橋4-26-9 錦糸町NKビル9階
予約専用回線 03-5638-7438地図はここをクリック