読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Advanced Care Dental Office 東京顕微鏡歯科 kanaのブログ

Advanced Care Dental Office東京マイクロ顕微鏡歯科専門のkanaのブログ

東京マイクロスコープ顕微鏡歯科治療イリタニオフィス
予約専用回線03-5638-7438 地図はここをクリック

世界最高!!最先端CBCTを導入☆東京顕微鏡歯科

東京マイクロスコープ顕微鏡歯科治療

こんばんは☆

ついに東京マイクロスコープ顕微鏡歯科イリタニオフィスでもCBCTが導入されました!!

f:id:tokyo-microscope:20130220182217j:plain 

 

CTを導入している歯科医院は少しずつ増えてきました。

当オフィスに導入されたこの世界最高峰・最先端のCBCTを導入している歯科医院は僅かだそうです。

この世界最高峰最先端のCBCTは一般的な廉価・普及版のパノラマ複合機歯科用CTと比較すると感度・分解能に優れており、歯及び歯根膜、歯槽硬線、顎骨などの硬組織まで超高画質で描出します。

歯を残すためには超高画質での微細な組織構造を診ることが必要で、歯の診査・診断を行うにはこのCBCTではなくてはならないようです。

普及版パノラマ複合機歯科用CTはこれよりは性能が劣るために歯の診断ではなく顎骨の診断に歯科用いられ主にインプラント治療目的となります。

X線をデジタル信号に変換するフラットパネルディテクタ(FDP)を搭載しているためです。X線の強度分布をデジタル信号として取り出すので、広い領域で歪みのない画像が撮影でき、磁場の影響も受けません。

そして、低照射線量で患者様の身体に優しいことも特徴の一つです。

撮影時間約18秒でパノラマ撮影(X線フィルム)の約1.8倍の実効線量です。頭頚部の一部を撮影対象としたときのCTDIw値で比較すると、一般CTの1/7以下です。(MORITA実測値に基づく)

 

今回の現段階で世界最高のCBCT導入により、当医院では根尖病変、顎関節、埋伏歯などの、より幅広い精査、診断が可能となりました。

X線を用いた断層画像に比べ、根管形態や隣接する歯周組織、歯根と上顎洞底や下顎管との関係などを三次元的に把握する事が可能となり、ますます精密で高いレベルの診療が提供可能になりました。

チームマイクロハイジニストの歯周処置でも現在マイクロスコープがフルタイム活躍中ですが、最高のCBCTの導入により歯石や骨吸収、歯根形態の把握が明確に把握出来るようになりました。

日々、技術向上を目指し精進!!

 

東京顕微鏡歯科治療院長ブログ 

 

☆チームマイクロハイジニストでは歯科医師の先生方の歯のクリーニングを始めました。

またクリーニングのみご希望の患者様も受付ておりますのでご希望の方はお電話でお問い合わせください!

 

東京マイクロスコープ顕微鏡歯科治療
イリタニオフィス
東京都墨田区江東橋4-26-9 錦糸町NKビル9階
予約専用回線 03-5638-7438地図はここをクリック