Advanced Care Dental Office 東京顕微鏡歯科 kanaのブログ

Advanced Care Dental Office東京マイクロ顕微鏡歯科専門のkanaのブログ

東京マイクロスコープ顕微鏡歯科治療イリタニオフィス
予約専用回線03-5638-7438 地図はここをクリック

🔹口蓋裂児の哺乳の工夫

口蓋裂児の哺乳の工夫 お母さんの胎内では、完全に母体に依存して育ってきた赤ちゃんも、出生の瞬間か ら赤ちゃん自身で生きて行くための活動を開始しなければなりません。哺乳という栄 養摂取のための生理的活動もその一つで、出生直後から’反射運動として…

🔹自立支援医療(育成医療)制度

✳︎自立支援医療(育成医療)制度について 口唇・ 口蓋裂の治療には、児童福祉法に基づく医療制度である育成医療制度の適用 も受けることができます。 この制度は18歳までのお子さんが健康保険を利用して機能改善が見込める治療を受け たときの家族負担分に対…

🔹口唇裂・口蓋裂の治療費と医療福祉制度について

治療費と医療福祉制度について 口唇裂・口蓋裂の赤ちゃんは早期より手術や言語訓練、耳鼻科的治療、歯科的治療 などにより医療機関への通院が必要となり、必然的に通院回数も増え、通院期間も長 期に渡ることが多くなります。したがって、手術のための入院や…

✳︎口唇裂・口蓋裂 歯や歯並びに関する問題

✳︎歯や歯並びに関する問題 口唇裂・口蓋裂の赤ちゃんも歯の生える時期や準順序に大きな違いはありませんが、 裂の近くの歯が斜めや曲がって生えたりすることがあります。また歯の質に少し弱い部 分があったり、歯の数が少なかったり、反対に多い場合もありま…

✳︎口唇裂・口蓋裂 治療後の問題について

言葉に関する問題 人が言葉を話すためには、精神面での発達が順調であるとともに、口や口の中の器官 がうまく協調しあっって機能しなければなりません。話をするときには、口蓋の奥の軟 口蓋と呼ばれる柔らかい部分が、上に持ち上がり、鼻と喉の部分を閉鎖し…

✳︎口唇裂・口蓋裂 治療後の問題について

✳︎治療後のケアと定期検診 口唇裂・口蓋裂の治療は、口唇や口蓋の形成手術がうまくいくことが重要であること は当然ですが、手術がうまくいくことが重要であることは当然ですが、手術だけで問題 が全て解決するわけではありません。栄養管理の面で大切な哺乳…

第16回 首都圏滅菌管理研究会

第16回首都圏滅菌管理研究会に参加させて頂きました! 開催日 平成31年4月20日(土) 10:00~16:55場所 東京医科歯科大学 鈴木章夫記念講堂テーマ 再生処理と感染対策のピットホール 講演プログラム 1.【感染症基礎講座XI】 「意外に知られていない消毒の…

✳︎口唇裂・口蓋裂 治療

口唇裂・口蓋裂の治療 口唇裂・口蓋裂の子どもに対する治療の目的は、生まれつき離れて開いてしまっって いる裂の部分を閉じ合わせて通常の形に戻し、正常な機能を習得できるようにしてあげ ることです。 これにはどうしても外科手術が必要となります。かな…

✳︎唇顎口蓋裂 原因

口唇裂・口蓋裂 原因 口唇裂・口蓋裂の赤ちゃんが生まれてくる原因については、多くの研究者により研究 されていますが、明らかな原因は現在のところまだわかっていません。 一般的に、生まれつきの異常はすべて遺伝が原因していると考えがちですが、決して …

▪️唇顎口蓋裂  ✳︎ 口唇裂・口蓋裂

✳︎口唇裂・口蓋裂 口唇裂・口蓋裂とはこんな疾患です 口唇裂とは、一般に上口唇(上くちびる)に裂(切れめ)ができた状態で生まれ てくる疾患です。また、口蓋裂とは、口腔(口の中)と鼻腔(鼻の中)を隔ててい 唇顎口蓋裂 る口蓋(上あごの歯列の内側の部…

✳︎ 高熱後の急性歯肉炎

あけましてえおめでとうございます 本年もよろしくお願い致します。 高熱後の急性歯肉炎 小児は大人と比べて熱が出やすく、発熱にともなって歯肉炎などの口腔症状があら われることがあります。発熱の原因は不明のこともよくありますが、多くはウィルス 感染…

第15回 首都圏滅菌管理研究会

今年も木の葉が色づく季節に開催されました、首都圏滅菌管理研究会に参加させてい ただきましたのでご報告いたします。 【第15回首都圏滅菌管理研究会】 ・開催日時 2018年11月10日㈯ 午前10時~午後17時 ・会場 伊藤国際学研究センター 伊藤謝恩ホール ・テ…

✳︎ 上唇小帯の異常

上唇小帯の異常 上唇小帯は、上唇と歯ぐきをつなぐ「すじ」で、上唇の中央を上の方にめくった ときに、粘膜から歯ぐきにかけてピンと張って見える部分を言います。 生まれてすぐの赤ちゃんでは小帯の幅が広く、付着部も下寄りです。前歯が生え た後も、2歳く…

✳︎ エプーリス

エプーリス エプーリスは、歯ぐき(歯肉)に発生する良性の腫瘤(はれもの)で、球形に歯 肉が膨らんだ形をしています。上顎の前歯部の歯肉が好発部位で、色はまわりの歯 肉とあまり変わりがないか、やや赤みを帯びています。成人女性に多く見られ、局 所へ…

✳︎ 萌出性歯肉炎

萌出性歯肉炎 乳歯、永久歯ともに、歯ぐきから顔を出してから歯全体が見えるくらいに萌出する までに、日数がかかります。萌出性歯肉炎は、歯がまだ一部しか顔を出していない 時期に起きやすい、歯ぐきの炎症です。歯が生えはじめている部位の歯ぐきは、一 …

✳︎ 萌出性嚢胞

萌出性嚢胞 歯が歯ぐき(歯肉)から顔を出すことを「萌出」と言いますが、歯が萌出する少 し前に、歯ぐきに透明感のあるふくらみは柔らかいドーム状のことが多く、中に液 がたまっています。淡いピンク色のこともありますが、やや青紫っぽい色をしてい るこ…

✳︎ 舌に白い苔のようなもの(舌苔)

舌に白い苔のようなもの(舌苔) 健康なときの舌の表面は、淡いピンク色をしています。よく見ると細かい凹凸が あってザラザラしていますが、それは舌の舌の表面に、舌乳頭と呼ばれる小さな突 起が多数あるからです。味を感じるための味蕾と呼ばれる器官の大…

✳︎ 舌の潰瘍

舌の潰瘍 歯が生える前の時期を無歯期と言いますが、この頃は舌に潰瘍を形成することは めったにありません。赤ちゃんが生まれてからの約半年間は、吸せつ運動の際に乳 首を上下の唇でとらえ、舌と顎をリズミカルに動かすことで乳汁を取り込み成長の 源にし…

✳︎ 先天性歯(先天歯)

先天性歯(先天歯) 乳歯が生えはじめる時期には個人差がありますが、ほとんどの場合、生後6ヶ月 以降に下顎の真ん中(乳中切歯)から生えてきます。平均は8〜9ヶ月です。ところ が、生まれたときにすでに歯が生えていることがあり、そのような歯を先天性歯 …

✳︎ 乳児期に口の中に現れる病気

乳児期に口の中に現れる病気 舌や粘膜など軟組織に現れる病気に特に気をつけて見てください 上皮真珠 生まれて間もない時期から、おおむね生後数ヶ月くらいにかけて、直径が1㎜ から数㎜くらいの大きさの、光沢のある白い球形のかたまりが歯ぐき(歯肉)に見…

✳︎ 舌の動きと音声

言葉や音を発することも歯と口の大きな機能です。 舌の動きと音声 舌は、早く自在に形を変えて動くことができる器官です。食べる時には特に激し く動きます。口に入ってきた食物を奥歯の上に乗せる、噛み潰された食物を分け る、唾液と食物を混ぜる、飲み込…

✳︎ バブバブ、ウマウマ(喃語)と言葉の発達

離乳期から幼児期は、食べるための口の動きが発達すると同時に、言葉の発達の準 備期ともいえる喃語の時期でもあります。食べること、話すことはどちらも口を中心 になされています。両方の機能は非常に密接ですが、食べるときの舌、唇、顎などの 動きの発達…

✳︎ 乳児期の Q & A

乳児期の疑問 Q.親の使った箸やスプーンで離乳食をあげても大丈夫ですか? A. 親の使った食具や食器で離乳食をあげると、親の口腔内の細菌が赤ちゃんに伝 播して、むし歯(う蝕)などに悪影響が出ないか心配される保護者は多いと思わ れます。歯や歯ぐきの…

『離乳の上手な進め方』 ✳︎離乳移行へのサイン

アシスタントのkanaです。 本日は『離乳の上手な進め方』についてのお話をさせていただきます。 離乳の上手な進め方 離乳期を通して量を食べさせようとせずに、食べる動きを促すように進めていく ことが上手な離乳の進め方です。そのためには、離乳期をおお…

『赤ちゃんの味覚・味覚の発達』 ✳︎味の基本感覚と味蕾 ✳︎味覚の発達

アシスタントのkanaです。 本日は『赤ちゃんの味覚・味覚の発達』についてのお話をさせていただきます。 『赤ちゃんの味覚・味覚の発達』 ✳︎味の基本感覚と味蕾 飲食物の摂取によって得られる味覚の基本には、甘味、酸味、塩味、苦味、旨 味があります。 日…

『上手な哺乳と上手な離乳』 ✳︎哺乳と口の成長 ✳︎哺乳障害(お乳が上手に飲めない)

アシスタントのkanaです 関東も梅雨入りしましたね☔️ ☔️は気分が下がりますが、美味しい作物のためにも☔️はかかせないですね! さて本日も『上手な哺乳と上手な離乳』についてのお話です ✳︎哺乳と口の成長 哺乳に関係した原始反射が消える頃に、下顎の前歯が…

『上手な哺乳と上手な哺乳』 ✳︎ 離乳開始のサイン ・ 哺乳と歯・口の成長

こんにちはアシスタントのkanaです。 前回の続きをお話しいたします! ✳︎離乳開始のサイン(哺乳反射とその消失) 出生後すぐに赤ちゃんがおっぱいを吸えるのは、哺乳にかかわる原始反射による ものです。この反射は、哺乳にとってはとても都合の良い反射で…

首都圏滅菌管理研究会へ参加してきました!

こんにちはアシスタントのkanaです。 5月12日㈯に行われました 首都圏滅菌研究会へ参加させていただきました。 会場:東京医科歯科大学 M&Dタワー 鈴木章夫記念講堂 今回のテーマは「正しく賢く再生処理しよう!」単回使用医療機器に関することや、再生処…

『上手な哺乳と上手な哺乳』 ✳︎乳首と口の形

こんにちはアシスタントのkanaです 昨日今日と、すごく寒い二日間でしたね。 寒暖差で、お身体壊されませんようお祈り申し上げます! 『上手な哺乳と上手な離乳』についてです。 乳首と口の形 おっぱいを飲む赤ちゃんの口の中は、おっぱいを吸うのに適した特…

『上手な哺乳と上手な離乳』 *おっぱいと赤ちゃんの健康③

こんにちはアシスタントのkanaです GWいかがお過ごしでしょうか? 前半は、お天気も良く行楽日和でしたね☀️ 後半も楽しい休日をお過ごしできますようお祈り申し上げます! さて、今回は 上手な哺乳と上手な離乳続きです。 ▼授乳回数・授乳間隔・授乳量 母乳…

東京マイクロスコープ顕微鏡歯科治療
イリタニオフィス
東京都墨田区江東橋4-26-9 錦糸町NKビル9階
予約専用回線 03-5638-7438地図はここをクリック