読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Advanced Care Dental Office 東京顕微鏡歯科 kanaのブログ

Advanced Care Dental Office東京マイクロ顕微鏡歯科専門のkanaのブログ

東京マイクロスコープ顕微鏡歯科治療イリタニオフィス
予約専用回線03-5638-7438 地図はここをクリック

*そのほか妊娠中の生活で配慮したいこと

 こんにちは アシスタントのkanaです。

 

 本日は、いままでお話しした妊娠中の栄養と食事についての『そのほか妊娠中の生活で配慮したいこと』についてお話しさせていただきます。

 

 

 *そのほか妊娠中の生活で配慮したいこと

 

  ▶︎妊娠中の環境とアレルギー

    食物アレルギーになるのは、遺伝によるアレルギー体質がベースにあること

   と環境(食生活・住環境など)が原因と考えられています。妊娠後期の食事制

   限や代用食品の使用が赤ちゃんに及ぼす影響にていては、賛否両論です。ただ

   卵を毎日何個も食べる、牛乳を水かわりに飲むなど、偏った食べ方はしないほ

   うが良いでしょう。

    また、掃除機での掃除や換気などをこまめに行って、カビ、ハウスダストや

   ダニの少ない生活をこころがけましょう。

 

 

     *アレルギー体質

     既存型(Ⅰ型)アレルギーを起こしやすい体質のこと。この体質を正しくは

     アトピー素因と呼びます。ⅠgE抗体を作りやすい体質で、親から遺伝すると

     考えられています。

 

 

  Q.おなかの子どもにカルシウムを取られて歯がボロボロになるって本当ですか?

 

  A.歯は骨と違って一旦完成するとほとんど代謝しません。胎児のために母体の

  歯からカルシウムが溶け出すことはありません。カルシウムは体内に取り込まれ

  ると、歯に沈着し、絶えず少しずつ入れ替わっています。 

   胎児は必要なカルシウムを母体の血液から吸収しますが、その血中カルシウム

  は母体の骨の代謝によって供給されるものです。

   妊娠にともなって、歯が悪くなることがあるのは事実ですが、それは妊娠にと

  もなう口腔内の環境の変化が原因です。食べる回数が増える、甘いもの、酸っぱ

  いものが欲しくなる、歯ブラシを口に入れると気持ち悪い、歯磨きがおっくう、

  などです。

 妊娠中にはを悪くするかどうかは、妊娠期の口腔内をどう清潔に保つかによるのです。

*つわりや妊娠中のからだの異常などが胎児に及ぼす影響について

 こんにちは アシスタントのkanaです。

 

 本日は、『つわりや妊娠中のからだの異常などが胎児に及ぼす影響について』についてお話しさせていただきます。

 

 

 *つわりや妊娠中のからだの異常などが胎児に及ぼす影響について

 

  ▶︎つわり・妊娠悪阻

    つわりは妊娠5〜6週頃から12〜16週頃まで続く、食欲不振、悪心、嘔吐など

   の消化器症状です。ピークは7〜9週頃です。この頃の赤ちゃんはまだ小さく、

   栄養は赤ちゃんに優先的に行きますから心配はいりません。つわりでつらい

   時は、食べたものを食べ、麦茶などで水分補給を心がけます。生理的な範囲を

   越えた病的なつわりを妊娠悪阻といいます。脱水、電解質異常、ケトン尿症、

   体重減少などの症状が発現します。悪化すると母体はもとより、流産の危険が

   あり、輸液など治療が必要になります。

 

 

  ▶︎貧血

    鉄欠乏性貧血は、20〜30%の妊婦に見られる異常です。もともと女性は血色

   素低値者が多く、貧血は妊娠前からすでにあった栄養上の問題点が顕著化し

   たものと言えます。幸い母親が貧血でも、赤ちゃんは優先的に母親の鉄分をも

   らいますから、重症でないかぎり、赤ちゃんに影響はありませんが、レバー、

   貝類(かき、あさり)ほうれん草、ひじきなど鉄分の補給に気をつけましょ

   う。しかし、食品からの鉄分の吸収は一般的に低いため、不足するときは鉄剤

   からの補給も考えましょう。

 

  ▶︎妊娠中毒症

    おもな症状は浮腫(むくみ)、高血圧、たんぱく尿で、主に妊娠後期に発症

   します。血管が収縮し、血液の循環が悪くなります。重症になると胎盤機能が

   低下し、早産や未熟児出産の原因になります。食事療法の原則は減塩・高タン

   パク・低エネルギーです。

 

  ▶︎妊娠性歯肉炎

    妊娠時には、女性ホルモンが変化します。エストロゲンやプロゲステロンの

   濃度が上昇し、歯肉構内に浸出してきます。これらを栄養として、特にプレボ

   テーラ・インテルメディアという最近が爆発的に増殖し、妊娠性歯肉炎を発症

   します。妊娠性歯肉炎は、早産や未熟児の誘因になります。歯科医院で専門的

   なプラークコントロールを受け、口腔内を清潔に保持しましょう。それは胎児

   の健康にもつながります。

 

 

 →→→NEXT そのほか妊娠中の生活で配慮したいことについて

 

 

*健康な母胎を維持するために

 こんにちは アシスタントのkanaです。

 お正月太りを解消すべく、ゴルフレッスンに通い始めました!

コースで沢山ウォーキングしたいと思います⛳️

 

さて、本日のテーマは 『健康な母胎を維持するために』  です。

 

 

 

 *健康な母胎を維持するために

 

 妊娠・出産は誰にでも生じうるライフ・イベントですが、そこには、親になっていく事の喜びや達成感とともに、親になることをめぐる不安や葛藤が生じる側面も存在します。特に妊産婦にとっては個体差はありますが、つわりやマタニティ・ブルーなど、周囲の理解やサポートが必要な時期でもあります。

 健康的な母胎を維持するためにも、妊娠期は食生活や食習慣の改善とともに、夫婦の「健康なパートナーシップ」を育む機会ととらえてみてはいかがでしょう。

 

 

 

      マタニティ・ブルー

      出産後3日頃に生じてくる軽いうつ状態。出産した女性の30〜60%に生

      じます。通常、一過性のもので、体調が回復するとともに治ります。

 

 

 🔹栄養と食事

  日常の食事は、栄養を気にかけながらも、食べ慣れたもの、おいしそうなもの、値段や便利さなどで、習慣的に選んでいることが多いものです。妊娠を意識した時から、まず、今までの食生活を見直してみましょう。次のチェック項目を自分で確認してみてください。できることから行動してみましょう。

 

 ⚫︎1日3食きちんと食べていますか。

 ⚫︎いろいろな食品からバランス良く食べていますか。

 ⚫︎食事はゆっくりよく噛んでいますか。

 ⚫︎うす味の料理を心がけていますか。

 ⚫︎極端なダイエットや逆に食べすぎや肥満はないですか。

 ⚫︎インスタント食品や加工食品、ファーストフードや外食に頼りすぎていませんか。

 ⚫︎ジュースやスポーツ飲料を水のかわりにしていませんか。

 (糖分やphの低さに注意)

 

 日本人の食事摂取基準より(2010年版)より、妊娠前と妊娠時の必要なエネルギー量と栄養素量をそれぞれ比較したものです。タンパク質やミネラル、ビタミン類の必要量は増えますが、食品群の付加量はそれほど多くありません。

 食事は、主食を中心に、副菜で十分な野菜を、主菜は肉、魚、卵、大豆料理をバランスよく摂ります。牛乳・乳製品を組み合わせて、カルシウムを十分に摂ります。1日1回は一汁三菜を心がけましょう。一汁三菜とは、ご飯に汁もの、3種のおかず(主菜1品、副菜2品)で構成された日本型の献立です。主菜は魚や肉、卵、豆腐などのタンパク質を中心としたものにし、副菜は野菜や芋、豆、きのこ、海藻などでビタミンやミネラル、食物繊維がたっぷり摂れるようにします。緑黄色野菜を食べて葉酸を十分摂取しましょう。ご飯でエネルギー源となる炭水化物を、汁物で水分を、おかずでその他の栄養をバランスよく摂ることができます。

 カルシウムは、骨や歯の成分として欠かせない栄養素です。妊娠・授乳期には多くのカルシウムを必要とします。現在、日本人の食事摂取基準では、妊娠・授乳期のカルシウム付加はありませんが、推奨量と呼ばれる目標値を満たすよう謳われています。毎年行われる国民健康栄養調査で、日本人はどの年代においてもカルシウムが不足しています。特に20代・30代女性でもっとも不足しています。更年期以降の骨粗鬆症の予防のためにも、日頃から十分なカルシウム摂取に心がけましょう。牛乳、乳製品、小魚、海藻、豆腐、青菜などに多く含まれています。

 母体の健康維持と赤ちゃんの発育のためには、いろいろな食品群からバランスよく食べましょう。妊婦の食生活については、厚労省の『妊婦のための食生活指針』や2012年改定された母子健康手帳に詳しく紹介されています。

 

  

 

→→→next つわりや妊娠中のからだの異常などが胎児に及ぼす影響について 

 

*良い歯の赤ちゃんをめざして

 

 🎍新年 あけましておめでとうございます🎍

 今年も皆様にとって素晴らしい一年でありますようお祈り申し上げます✨

 

 

 

 

*良い歯の赤ちゃんをめざして つづき。。。

 

 子供の虫歯の由来は母親である可能性が高いのです。家族の口の中からデンタル・プラーク(歯垢)を採取して、虫歯であうストレプトコッカス・ミュータンスの性状を両親のものと比較した結果、子供のストレプトコッカス・ミュータンスの性状は母親のものと同じだったが、父親のものとは異なっていたことが確認されています。

 生まれてくる赤ちゃんのためにも、虫歯は治療し、砂糖類は控えめにし、歯磨きをして、口腔内の虫歯菌の数を減らしておきましょう。できれば、歯科医院で専門的な歯面清掃であるSRP(スケーリング・ルートプレーニング)やPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・ツース・クリーニング)と虫歯予防のためのフッ素物塗布を受けましょう。こうした専門的なプラークコントロールは虫歯予防だけでなく歯周病(歯肉炎・歯周炎)予防にもつながります。

 虫歯にならない丈夫な歯を作る特別な食べ物や食べ方が存在するわけではありません。妊娠中の一般的な栄養に心がけていれば、健康的な歯も育つのです。

 問題に出会ってからでも育児の軌道修正は可能ですが、今以上の決心とエネルギーがあいるものです。妊娠を機会に、子供が生まれてからの育児方針を話し合っておきましょう。

 

    デンタル・プラーク

     歯に付着するネバネバした汚れで、成分のほとんどが細菌です。砂糖など

     が摂取されるとプラーク内で酸が作られ、虫歯の原因になります。 

 

 

 

→→→next  健康な母胎を維持するために

*第11回 首都圏滅菌管理研究会 出席レポート

 こんにちは アシスタントのkanaです。

 

 本日は、クリスマスですね⭐️

 今年最後の大きなイベントですね。

 皆様、素敵な聖夜をお過ごしくださいませ。。。

 

 

 さて、遅くなりましたが先日参加させていただきました、第11回 首都圏滅菌管理研究会の出席レポートをupさせていただきます。

 講習時に頂戴したテキストと、当日登壇されていらっしゃいました先生方のスライドはほぼ同じものになっておりましたので、気になった三項目をテキストよりピックアップさせていただきたいと思います。

 

 

 *シンポジウムⅠ 滅菌物の医療現場における管理の実態と問題点

   日本大学医学部付属板橋病院 専従感染管理者  伊藤 美和子 先生

 

 まず当院で使用しております滅菌器は、コンピューターでデータ管理されております。その管理番号と日付を元に、先に滅菌したものから順番に診療で使用する器具をお出ししております。器具を収納する棚も扉付き、または引き出しに収納し、必要以上に外気に触れる事なくきちんと管理しております。

 

f:id:tokyo-microscope:20161203141350j:plain

 

 当院において、患者様からは目の届かない院内で使用する滅菌物品を確実に、安全に供給することも大変重要な役目であります。これをきちんと行ってこそ、安全性と感染防止につながります。滅菌された滅菌物品は、患者様に使用されるまでの間、一時的に保管をし、破損または汚染から確実に守るように注意しなければなりません。また、使用直前まで滅菌物の無菌性を維持しなければならない。滅菌物は滅菌後ただちに使用することが原則であるが、運用上または管理上、滅菌物の有効期限が記される。滅菌物の有効期限には、時間依存型滅菌性維持とイベント依存型滅菌性維持があります。滅菌物の保管場所・保管環境は清潔区域とし、戸や扉のついた保管棚に入れておくことを原則としています。今後のさらなる徹底管理として有効だと思われるのは、棚や引き出しの中の滅菌物については、重ね置きせずに縦置きにし保管することです。そうすることによって、滅菌包装や滅菌物の破損を回避し、滅菌性を維持できることなどがあげられます。

 

 

 *シンポジウムⅡ 再滅菌どうしてる?〜運用方法と検討課題〜

   聖路加国際病院 中央滅菌室  一橋 友子 先生

 

f:id:tokyo-microscope:20161224135001j:plain

 

 再滅菌についての期限管理の考え方

  *時間依存型無菌性維持

   滅菌後の無菌性有効期限は、その包装形態などの条件に基づいた時間(期間)  によって規定され、その期間内は安全に使用できるという考えです。

  *事象依存型無菌性維持

   予め定めた所定期間ではなく、滅菌物を使用するまでの保管・移送環境の事象で規定されるという考え方です。(医療現場における滅菌保証のガイドラインより)

期限切れを再滅菌する際に再洗浄するかどうか

  *設定した期限が切れただけ 

   期限内には使用できていたものが1日経過して汚染されているものではないため、洗浄は不要か?

  *滅菌前には洗浄が必須

   期限が切れたということは使用不可

  如何なる理由があろうとも、洗浄から行うべき?

  →これらは、どちらも正しいため、医院の方針により決定します・

 再滅菌するということは、作業量・物品へのダメージ・消耗品などの費用が増すため、再滅菌をしなくて済むよう、有効に使用できるようしなければならない。

洗浄・滅菌・メンテナスを行い、安全に使用できる状態を保つようにします。(期限管理を含む) 器材を「必要な時に」「必要な分を」供給することがじゅうようである。

 

 

 *シンポジウムⅢ 材料部スタッフによる医療現場のラウンド

   東京大学医学部付属病院 材料管理部  大山 剛 先生

 

f:id:tokyo-microscope:20161221124355j:plain

 

 滅菌物の保管状態が悪いと、滅菌状態が破綻し、安全性が保障できなくなります。

 *保管場所(棚や引き出し)に埃などがなく清潔である

 *既滅菌バッグのシール部より下(内側)や紙面に、マジックなどの記入がない

 *既滅菌バッグは伸ばした状態で保管されている

 *保管場所(棚や引き出し)には滅菌物のみで収納されている

 *包装が破損しないよう、出来る限り積み重ねずに保管している

 *滅菌物バッグに汚染や水濡れ痕、破損、ピンホールの存在がない

 *有効期限の近いものを右側(または手前に)並べ、目視しやすいように保管している(期限切れの器材を保管しない)

 このように項目別でリスト化することによって、器具の数量の把握にもつながります。院内で扱う器具は細かいものが多く、誤って破棄されてしまうことも多々見受けられるため、総数の把握と注意喚起が大切である。また、治療の際に器具が行き届くように補充も大事である。

 

 最後に、患者様が安心してご来院いただけますよう、さらに勉強に励んで参ります。

 来年も皆様にとって素晴らしい一年でありますよう、心よりお祈り申し上げます。

 

*良い歯の赤ちゃんをめざして

 こんにちは アシスタントのkanaです。

 朝晩涼しくなってきましたね。

 体調を崩しやすい季節の変わり目、皆様ご自愛くださいませ。

 

 さて、本日は *良い歯の赤ちゃんをめざして についてのお話をさせていただきたいと思います。

 

 良い歯の赤ちゃんを目指すなら、まずは、虫歯予防です。虫歯のない歯・口は健康づくりのための源です。健康は、生きる目的ではありませんが、毎日の生活のための手段です。ですから、良い歯の赤ちゃんをめざすことは、赤ちゃんの将来にわたる人生や生活の質うぃ豊かにすることにつながります。

妊娠を機会に、健康な食生活を心がけましょう。

 

 妊娠中の母親の食生活から体内に吸収された栄養素は、胎児の歯の成長に関係し、乳歯の質に影響します。特に、歯の形成に必要な栄養素である良質なタンパク質、カルシウムやビタミンA,C,Dなどが不足しないように心がけましょう。

 また、母親の食生活や歯磨き習慣、甘味趣向は、妊娠期から出産後の子育て期間へと続き、次の世代へと伝承されます。つまり、虫歯の多い子が育ちやすいのは、歯の悪いところが遺伝するのではなく、虫歯をつくりやすい生活習慣が伝承されていく結果なのです。

 

続きは、また後日。。。

✳︎妊娠中の栄養と食事

 こんにちは アシスタントのkanaです。

 

 キンモクセイの香りが秋の訪れを感じさせてくれる今日この頃です。

 

さて、今回は、『妊娠中の栄養と食事』についてお話しさせていただきます。

 

 栄養は食生活の営みの中に存在します。食生活は生活の一部ですから、生活が変化すれば食生活も変化します。わが国の食生活は急激な経済成長にともなって、たった数十年の間に、大きく変化しました。

 入手できる食べ物の種類は増加し、結果的には食生活を取り巻く環境を大きく変化させてしまいました。食品産業や外食産業の発展にともなう食生活の合理化や簡便化志向とともに、「飽食」や「グルメ志向」という異った方向性も持っています。

 また、健康志向にともなって、健康食品や栄養バランス食品と呼ばれるものが数多く市販されています。

 加工食品への家計の食料費支出は、穀類と生鮮食品の合計を上回っています。それにともなって、表示制度も変化してきました。加工食品を購入するときは、食品添加物の表示や栄養成分表示などで、食品の内容・品質を確かめて、自分の食生活にあった食品を選択することが必要です。ほかに乳児用、幼児用、妊産婦用や病人用など、特別の用途に適する旨の表示が許可された特別用途食品や特定保健用食品などの表示があります。

 食事に何を求めるか、選択の幅も価値観も多様化してきていると言えます。 

 妊娠中の栄養と食事であっても、今の生活環境を考えての選択です。胎児と母体の健康のために、食品の安全性と栄養バランスなどの基本的条件を心がけること、状況に応じて手をかけること、同時に、健康のために手を抜くことも必要です。

 負担感や過労で心身の健康を害することのないよう、柔軟であることが大切です。ここでも大きくは、どう生きるか、選択が求められるでしょう。

 赤ちゃんを育てる心構えや環境設備は、できるところから始めましょう。

 

✳︎妊娠後期および出産時

 こんにちは アシスタントのkanaです。

 台風と秋雨前線の季節となりましたね。

 そろそろ、太陽が恋しい今日この頃です。

 

 さて、本日は 妊娠後期および出産時・出産後 についてのお話をさせていただきます。

 

✳︎妊娠後期および出産時

 妊娠後期には、乳歯の石灰化がどんどん進み、永久歯では第一大臼歯の歯胚の成長がみられます。

 出産時には、乳歯の前歯で3/5程度、犬歯で1/3程度まで歯冠が完成しています。乳臼歯では、わずかですが、歯のてっぺんができあがっています。またこの時期には永久歯である第一大臼歯の石灰化と第一小臼歯の歯胚の形成が始まっています。

 以上のことからわかるように、赤ちゃんがお母さんのおなかの中にいる間に乳歯のほとんどは石灰化を始め、永久歯の半分以上がなんらかの形で発育を始めています。

 

✳︎出産後

 出産後、歯冠の完成した歯は、歯根を作りながら萌出を始め、6ヶ月〜8ヶ月頃に下の顎に乳歯の前歯が出てきます。

 その後、3歳頃までにすべての乳歯が完成します。

 

 

次回は、妊娠中の栄養と食事についてお話させていただきます。

✳︎妊娠中期

 

 こんにちは アシスタントのkanaです。

 

 9月に入りましたが、まだまだ残暑は厳しいようですね。

 これからの季節の変わり目

 皆様 どうかご自愛くださいませ。

 

 さて、本日は妊娠中期についてのお話しをさせていただきます。

 

✳︎妊娠中期

 5ヶ月になるとからだのうぶ毛や頭の毛が生えてきて、活発に手足を動かすようになり、これが胎動として感じられるようになります。胎児の身長は約25㎝、体重は約250gとなります。この頃には乳歯の犬歯と第一臼歯の石灰化が始まり、永久歯では前歯の歯胚が形成されます。

 6ヶ月になると、胎児の心臓の音がお母さんのおなかの中から聞こえてくるようになり、身長は約30㎝、体重は約650gとなります。この頃には第二臼歯m石灰化を始めます。

*妊娠初期

  こんにちは アシスタントのkanaです。

 台風が去り、暑い日々が始まりましたね。

 

 さて本日は、『妊娠初期』についてお話させていただきます。

 

 

 *妊娠初期

 

 卵管で精子と卵子が結合して受精卵となり、盛んに細胞分裂を始め、子宮の内膜に着床することにより妊娠が始まります。妊娠1ヶ月くらいには、尾のようなものや魚のエラのようなものが現れます。このエラのようなものを鰓弓と呼び、これがあご(顎)や喉になっていきます。

 妊娠2ヶ月になると尾のようなものもなくなり、顎や唇も形作られ、人間らしい形になっていきます。この頃には、乳歯の前歯の歯胚が上下合わせて12個作られています。

 3ヶ月になると人間としての形も整いはじめ、手や足、臍帯(へそのお)や胎盤もできあがってきます。この頃で身長は約9㎝、体重は約20gとなります。

 口の中では、まだ軟骨の状態ではありますが顎の骨が形作られ、舌もできあがり、唾液腺などが作られはじめます。この頃には乳歯の前歯の歯胚も組織分化を行います。また、3ヶ月初めには第一乳臼歯の歯胚が、中頃には第二乳臼歯の歯胚が作られはじめます。

 4ヶ月になると胎児はかすかに動くようになり、胎盤もほぼ完成し、肉眼的にも男女の区別がつくようになります、この頃で身長は約16㎝、体重は約120gとなります。歯胚もかなり成長し、乳歯の前歯の石灰化も始まります。この頃から永久歯も作られはじめ、「6歳臼歯」とも呼ばれる第一大臼歯の歯胚が作られはじめられます。

 この頃はつわりの時期でもありますが、つわりがひどいからといって、乳歯に影響を与えることはありませんので心配いりません。

 

第10回 首都圏滅菌管理研究会について

 こんにちはアシスタントのkanaです。

 

 7月18日に、首都圏滅菌管理研究会のセミナーに参加してまいりました。

今回は、第10回の記念講演という事で、先生方の大変貴重なお話を拝聴いたしました。

 

 まず、感染基礎講座では、医療現場での危機管理、また事故などが起こってしまった際の対応について学びました。

 

 職業感染制御研究会は、医療従事者や患者の針刺し損傷による血液・体液曝露、ウィルス感染の撲滅を目指して、8月30日を「針刺し予防の日」に制定しました。

 

 今回のセミナーも学ぶ事が多く、大変勉強になりました。これらを生かして、患者様安全、医療従事者である私たちの安全、また医院の安全探索により一層真摯に取り組んで参りたいと思います。

 

 

 

*咬耗期・吸収期

こんにちはアシスタントのkanaです。

 

 本日は、赤ちゃんの歯が作られるまでの『咬耗期・吸収期』についてお話させていただきます。

 

 

 *咬耗期・吸収期

 

 咬耗期には生えた乳歯は噛みあわせれ、すり減ります。すり減り方の程度は、噛む力や癖、歯ならびなどにより、違いがあります。そして乳歯の歯根は吸収し、抜け落ちて永久歯へと生え代わってゆきます。

 これらの各段階は厳密に分けられているわけではなく、お互いに重なり合い、連続して進行していきます。そして、それぞれの歯は同時に成長するのではなく。少しずつ時期がずれて成長していきます。

 

 

*石灰化・*萌出期

こんにちはアシスタントのkanaです。

 

 本日は、赤ちゃんの歯が作られるまでの『石灰化と萌出期』についてお話させていただきます。

 

 *石灰化

 

 石灰化期は、成長期にできあがった歯の枠組みにカルシウムやリンなどの成分が沈着し、歯の硬さを増していく時期です。石灰化は子どもの発育の状態を反映しやすくなっています。

 たとえば、胎児が出産などにより、胎内から外界へ移ると、まわりの環境が急激に変わることとなります。そのため歯の成分が一時的に停止し、「新産線」と言われる歯の形成停止線が見られることがあります。このような現象は熱性疾患や栄養障害のときにも生じることがあります。

 歯のエナメル質の石灰化が終わると、歯冠(歯肉から外に出ている部分)が出来上がります。乳歯の歯冠の完成には7〜14ヶ月かかり、永久歯では3〜6年かかります。歯根(歯肉から下の歯の根の部分)を作り始め、乳歯では約1年半から2年くらいをかけて完成します。

 

 

 *萌出期

 

 ついでに萌出期になります。ある程度歯が出てくると、歯は生えようと、あご(顎)の骨の中で移動を始めます。歯冠が完成し、歯根がある程度までできあがってくると、口の中に顔を出します。一般に上下の歯を比べると、同じ場所の歯では上の歯より下の歯の方が早く生えてきます。

*成長期

 こんにちはアシスタントのkanaです。

 

 本日は、赤ちゃんの歯が作られるまでの『成長期』についてお話させていただきます。

 

 *成長期

 

 成長期は歯を作る細胞が集まり、増殖、分化して、歯を作る役割分担をする時期にあたります。この頃が妊娠第7週、つまり卵子が受精して50日くらいにあたるわけです。将来の乳歯の数と位置に一致して上下合わせて20個の細胞の塊ができます。これが歯を作るための基礎で、歯胚と呼ばれます。

 歯胚は次第に成長し、歯の外側のエナメル質を作る部分、内側の象牙質と歯髄を作る部分、歯と骨をつなぐセメント質や歯根膜を作る部分に分かれ、歯のどの部分を作るか分担を決め(組織分化)、このときに歯の大きさや形が決まります。

 分担が決まると、将来エナメル質や象牙質になる部分に歯となる基の枠組みを作っていきます。この頃が妊娠4〜5ヶ月ぐらいにあたります。

 

 →次回は石灰化期のお話です。

赤ちゃんの歯が作られるまで *乳歯の一生

 

 こんにちはアシスタントのkanaです。

 

 晴天が続き、気持ちの良い気候ですね。

 

 さて、本日から赤ちゃんの歯が作られるまでのお話をさせていただきます。

 

 *乳歯の一生

 人の歯は、妊娠第7週の頃から始まります。この頃は、胎児の体調も11㎜ぐらいで、妊婦自身も妊娠したいという自覚があまりないときです。この時期はやっと唇が形作られ、あど(顎)の骨もまだ軟骨の状態にありますので、このときからいきなり硬い歯ができてくるわけではなく、いろいろな段階を経て歯は形作られていきます。

 乳歯の一生は、成長期、石灰化期、萌出期、咬耗期の5段階に分けられます。

 

東京マイクロスコープ顕微鏡歯科治療
イリタニオフィス
東京都墨田区江東橋4-26-9 錦糸町NKビル9階
予約専用回線 03-5638-7438地図はここをクリック